顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > <あなたの生き方は「スモールライフ」or「ビッグライフ」?>
2019年05月24日

<あなたの生き方は「スモールライフ」or「ビッグライフ」?>

「湖に浮かべたボートを漕(こ)ぐように人は後ろ向きで未来へ入っていく」

 

by ポール・ヴァレリー

ボートは後ろ向きに漕ぐので、進行方向(前)は見えてない。

子供は好奇心ばっかり
「どんな風景が広がっているんだろう?」と期待する。

ところが、大人は見えてない未来が不安になる。
「そんな不安に駆られているのが人生だよ」という意味だそうです。

冒頭の言葉の解説は
2019年5月22日(水)
倫理法人会で鈴木昭彦さんが教えてくれたお話。

あ、おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

 

【2000万円払えない!絶対絶命のピンチ!】

 

鈴木さんの「絶対に諦めちゃダメ」ってことを強烈に伝えてくれました。

鈴木さんは創業直後に、どうしようもない状況に直面します。
「年末までに2000万円いる。ただ、口座には1万円しかない」

もう、絵にかいたような絶体絶命!
お客さんも助けてくれない。
銀行もお金を貸してくれない。

「自己破産??」
・・・と普通の人なら絶対に思うはず。

ところが鈴木さんはそう思わない。
「絶対に何とかなる!」

そこで思いついたのが
「そうだ!有馬記念で2000万円作ろう!」

そして、本当に2000万円当て、ピンチを切り抜けたのです。
そんな漫画のような話がっ(笑)

 

【諦める人は、諦める前から、諦めている】

 

「鈴木さん、あんたは2000万円、競馬で当てただけじゃないか?」
っていう人もいますよね。
気持ちは分かります。

でもね、鈴木さんは
「それでもなんとかなったはず」って言うんです。
仕入れ先に頭を下げまくって、支払いを待ってもらうもよし。
土下座して親族知人に金を借りてもよし。
なんとかしただろうって言うんです。

それもこれも「諦めてない」から。

鈴木さん曰く
「会社が倒産する理由は、金でも人でもなく、その人が諦めたから」と言います。

そして、
諦める人は、倒産したあとの手続きを始めると。

奥様と離婚して、奥様と財産を分けたり。
潰れた後に逃げる土地を探したり。

そう!
「倒産をイメージして、倒産するように行動するから、やがて倒産が現実になる」んですね。
諦める人は、諦める前から、諦めているわけです。

 

【「病気」って気の問題。だから「病体」じゃなくって「病気」って書く】

 

鈴木さんのイメージの力はすごい!
例えば「絶対にインフルエンザにはならない」って言いきってます。
実際に、何年もインフルエンザになってないそうです。

病気は気の問題だから、
まず自分が「ならない」「健康体でいる」って決めるんです。

「徳島の倫理法人会で5月22日に講演する」ってなったら
絶対に、どんなことがあっても行く!
そう言い切ってます。
その為には「健康体でいる」って、しっかりイメージして、
病気などを寄せ付けないのです。

「諦めない」に続いて、めっちゃ意思の力を感じます。

【ビッグライフとスモールライフ】

 

ボクは社長になりたてのころ、よく鈴木さんに経営のご指導を頂いておりました。
決算書の読み方も分からない。
債務超過もありにっちもさっちもいかない。
そんな時に、業績アップ指導をしてくれたんです。

そんな人、ボクだけじゃないんです。
もう、全国に何人も!

昔、鈴木さんが言ってた言葉を思い出しました。
「ボクは絶対に、ビックライフの生き方をするって決めてる」
たしか、そう言ってました。

スモールライフ=自分や自社だけの幸せを祈る生き方
ビッグライフ=関わる人全ての幸せを祈る生き方

ホントに、10年以上も前から強い意志を持ち、
ビッグライフに生き続けている鈴木さん!

不安な未来であっても、諦めない!
ビッグライフに生きる!
そう決めて、明るく生きてます。

ボクにとっては、関わるクライアントのパッケージを変え、世界を変えること。
縁あって共に働く社員さんには「一人の成長と一人の喜び」を通してハッピーになってもらうこと!
これが松浦流の「ビッグライフ」な生き方です!

鈴木さん、ありがとうございます。
これからも見習い続けます!

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − nine =

ページの上部へ