顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > 【サービスの質を高める3ステップ】~「全体」から「集団」へ、そして「個別」に~
2019年10月6日

【サービスの質を高める3ステップ】~「全体」から「集団」へ、そして「個別」に~

<全体より、集団、さらに個別が喜ばれる>

例えば呼びかけの時もそうです。

全体・・・みなさん!
集団・・・パッケージ松浦の皆さん!
個別・・・松浦陽司さん!

こんな風に、より「個別」に近づく方が、
呼びかけられた方が嬉しいです。
サービスの質が高まります!

「みなさん」って「いったい、誰のことやねん」ってなりますよね。
「××団体の皆さん」なら、「ん?俺のことかな?」ってなります。
「あなたの名前」を呼ばれたら、絶対に「あ、私ですね」ってことですから。

<サービスもより個別化を目指そう>

例えば、飲食店で、あなたの誕生日だったとします。
「浜ちゃん、38歳 Happy Birthday!!」
なんて、サービスは完全に「個別」なわけです。


(去年の9月11日に、マルブンにて)

でも、いきなり「個別」に踏み込めない時は、
「集団」に近づいていきましょう。

「徳島にお住いの」
「40台のあなたへ」
なんてすると、推測が付くでしょう。

<個別から集団へ>

市岡製菓様!
ニッポン新事業創出大賞グローバル部門ご受賞、おめでとうございます!

先日、市岡製菓の市岡沙織社長、中川さん、赤澤さんとお食事会!
偉大な賞を東京で受賞されたことを知り、
急遽、デザートプレートにサプライズでお祝いメッセージを書いていただきました!

手段への呼びかけですが、喜んでもらえて良かったです♪
市岡製菓HP
http://ichioka-seika.co.jp/

<松浦陽司の新婚旅行での思い出>

ふと思い出した新婚旅行の思い出。
新婚旅行のイタリアでふと立ち寄ったお土産物屋さん。
レジに並んで待っていると、受付のお兄さんが最後にお客さんにかけることが全部違うんです。
サンキュー、メルシー、謝々

そう!
このお兄さんはお客さんが何人であるかを瞬時に見極めて対応していたのです。
アメリカ人にはサンキュー。
フランス人にはメルシー。
中国人には謝々。
うん、これはすごい!

「個別」までいかなくて
「集団」まで踏み込んでサービスしてますね。

感心しながらみてました。
そしていよいよボクの番。
レジが終わった後にかけてくれた言葉は





カムサハムニダ
違います!
違います!
ボクハニホンジンデス!
韓国人じゃありませんよー(笑)

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − three =

ページの上部へ