顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > 【大嶋啓介の「予祝」全国キャラバン2019in徳島】
2019年10月10日

【大嶋啓介の「予祝」全国キャラバン2019in徳島】

<大嶋啓介の「予祝」全国キャラバン2019in徳島>

2019年10月8日(火)
徳島に大嶋啓介さんが来てくれました!

あわぎんホールは大盛り上がり!
600人くらい来ていたそうです。

大嶋啓介さんの「学生を元気に」という熱い思いで
中学生、高校生の学生さんもたくさん入ってました。

娯茶平さんも踊りに来てくれた!
嬉しい!

<楽しい気持ちをアンカリング>

冒頭、大嶋さんからお約束!
大嶋さんが「せーの!」と言うと、
グッドポーズをして「いいね!」って皆で返す!

これって、意味があって、
「楽しいの気持ちをアンカリング」しているそうです。

いいことが起って、いい気持になるのは当たり前。
そうじゃないことが起っても、
「いいね!」をしたら、楽しい気持ちになれる。

そんな気持ちにアンカリング(条件付け)するそうです。
なるほどねー。

<最高のパフォーマンスを発揮する3条件>

人間の脳は計り知れない能力を持っていて
心の状態が最高のパフォーマンスを発揮するのに大切です。

最高のパフォーマンスを発揮する条件を
3つ紹介してくれました。

1 自信、強気
2 冷静、リラックス
3 楽しいが最強、ワクワクしている

特に3が重要とのことで、
「成功する脳」というのは「ワクワクしている脳」とのことです。

<5つのワクワク>

1 夢や志にワクワク
2 仕事が楽しいにワクワク
3 自分のこれからの成長にワクワク
4 困難が来てもワクワク
5 誰かを喜ばせたくてワクワク

特に説明してくれたのが、4!

4 困難が来てもワクワク

例えば、野球!
13回の表に相手に2点取られちゃった!
普通なら「もう、負けた」と思うよね。

でもここで監督が、
「面白くなってきたなー、ここからが伝説の始まりや」とワクワクする。
すると学生が
「そーですね!伝説ですよね」とワクワクする!

実際に、高校野球で大嶋さんが指導しているチームで、
逆転したことがあるそうです。
すごい!

<夢をかなえるコツは「ワクワク」喜びを増やす>

「いいことがあったら、喜ぶ」のは当たり前。
これからは
「いいことがあろうがなかろうが、今の心を喜ばせる」

成功したからワクワクするんじゃない、
わくわくする人が成功するだけだ。

「出来事」は変えられない。
たった一つだ。

でも「モノの見方」「捉え方」「考え方」「視点」は変えられる。

例えば
「交通事故で1か月入院になっちゃった」としたら???

「一か月も入院なんて、最悪だー」
「ベッドの上で退屈すぎるー」
「ギブス生活、不便すぎるー」
って、捉える人もいるよね。

でも、違う視点でとらえる人もいる。
「読めなかった本が読める」
「ゆっくり映画が何本も見えるなんて最高」
「看護婦と出会うチャンス(笑)」

ね、全然、視点が違うでしょ。
出来事は「交通事故った」は変わらないのにね。

実際、大嶋さんの話を聞いた後で
交通事故に合い、入院した人がいたそうです(汗)

その方が実は
「これはきっと、看護婦さんと出会うチャーーーンス」と思ったそうで(笑)
実際に、お付き合いに発展して、更に結婚しちゃったんだって。

さらに、結婚式には、事故相手まで呼んじゃったそうです。
出会いのきっかけを作ってくれた恩のある人ですからね♪

出来事は「事故った」一つ。
でも、解釈は無限!
憎むべき事故相手が、感謝すべき恩ある人になるなんて、びっくり過ぎます!

<最高の人間力=今目の前の出来事を楽しめること>

このピンチは何のチャンスなんだろう。
夢がもっとも嫌うのは「深刻さ」だそうです。

偉大な経営者って、考えてみたら、ピンチを乗り越えて来てますよね。

ピンチが来たら
「ようやく俺の出番が来たか」的な発想を持つ!
これって、ホントに大切なことですよね。

もう、書ききれないくらいに盛り上がりました!
ホントに、大嶋啓介さん、ありがとうございます!

前祝いの法則 ひすいこたろう&大嶋啓介

懇親会に潜入が成功!
著書にサインしてもらいました!


おまけに2ショット写真も!
サイコーの一日でした!
ありがとうございます!!

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve + five =

ページの上部へ