顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > ブログ > 【高級料亭の料理も「餌」に成り下がる条件】~味のその先、ニッポン豆腐屋サミットでの「いろどり」横石知二氏講話~
2019年10月31日

【高級料亭の料理も「餌」に成り下がる条件】~味のその先、ニッポン豆腐屋サミットでの「いろどり」横石知二氏講話~

<第九回 ニッポン豆腐屋サミット in 岡山 開催>

2019年10月26日(土)~27日(日)
200名を超える豆腐関係の方々が、岡山に集結!
ニッポン豆腐屋サミットが開催されました。

毎年、開催されるこのサミット!
各種、工夫を凝らして、毎回、イベントの内容も変わっています。

 

<基調講演は徳島が誇る「いろどり」の横石知二社長も登壇>

最初のプログラムは映画「人生、いろどり」の上映!
そう、徳島の誇る「いろどり」がテーマの映画です。

そして、その後がパネルディスカッション!
「葉っぱビジネスに学ぶ価値の創造」

ファシリテーター
とうふプロジェクトジャパン株式会社 代表取締役 磯貝剛成氏

パネリストはこちらの3人
株式会社いろどり(徳島) 代表取締役社長 横石知二氏
有限会社尾崎食品(長崎) 代表取締役社長 尾崎俊平氏
有限会社湧水の郷(北海道) 常務取締役 渡辺英人氏

ごうかっ!

<料理は総合演出>

さて、豆腐の味を競う、この豆腐屋サミットなんですが
「味」について、横石さんから痛烈なアンチテーゼを頂きました。

「味って何かな?」

例えば、横石さんがボクと桑原さんと居酒屋に連れて行ってくれます。
そして
「松浦さん、桑原さん、この居酒屋、めっちゃ旨いから」って紹介してくれると
そこの料理は確実に美味しくなるんですと。

しかも、話が弾んで、酒も進んでくると
2倍、3倍は軽くうまくなる。

<高級料亭の料理も餌に落ちぶれる?>

さらに続けます。

「高級料亭にも何度も通った。
週に何度も行っていると、もう美味しくもなくなってくる。
そんな時に、とある料理長に言われた言葉が印象的なんです。
“あんたが食ってるのは餌だ”ってね」

これって、どういうことなんでしょうか?
料理長が言いたかったのは
食事は本来、楽しむもの。大切な人と、心通わせるものということ。

ところが、横石さんは、勉強のためだけに、一人で料亭で飯を食い続けていた。
これじゃ、とても食事とは言えない。
「餌」なんだって、そういうことなんだそうです。

<味は舞台>

どんな高級料亭で食べても、楽しめない料理は餌。
どんなジャンクフードでも、家族で楽しく食べる料理は旨い。

だから、豆腐も、この先に行かなければいけないんじゃないかと。
「味」を追求するサミットで、強烈なアンチテーゼを投げかけてくれました。

ボクも、パッケージで支援する身ですが、
「味の先」を一緒に、表現できるようにならないといけない。

横石社長はじめ、ご登壇された皆様。
ありがとうございました!!

<お詫び>

このブログを掲載当時、天堂ストラテジー様作成の動画画像を、無断で掲載をしてしまいました。
当然ながら、著作権は天堂ストラテジー様にあり、当社ブログに掲載するというのは言語道断の行為でした。
(現在は、その画像は削除させて頂いております)
まったくもって申し訳ありませんでした。

カテゴリー | ブログ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four + 9 =

ページの上部へ