顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ
  • チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > メディア > <包装タイムスに日本包装技術協会様のセミナーの様子が掲載されました>
2017年04月2日

<包装タイムスに日本包装技術協会様のセミナーの様子が掲載されました>

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

先日、日本包装技術協会様でセミナーさせて頂きました。
「安売りからの脱却!~パッケージマーケティングとは?~」


そこに取材に来てくださっていた日報ビジネスさんが
2017年3月6日発行の「包装タイムス」にセミナーの様子を掲載してくださったんです。
その様子がこちら!


おしいーーー!
私が写ってないぃーーー(笑)

もうちょい、右側に私がいたのに!
なぜに客席のみ画像?!


こんなんとか?


こんなんとか?


こんなんなかったの???


なんでこれなんーー???

いえいえ、嘘っす!
ご掲載頂いてありがとうございます(笑)

内容はこんな感じ。

★★★★★

日本包装技術協会関西支部(KPI、桃川公一支部長)は2月15日、大阪市中央区の御堂筋MIDビル4階で「第9回 会員フォーラム」を開催した。
同協会会員など70人超が参加。
パッケージ松浦の社長、松浦陽司氏を講師に迎え、「安売りからの脱却~パッケージマーケティングとは?~」をテーマに講演が行われた。
(中略)
フォーラムでは同氏がこれまで手掛けてきた多数の事例を通し、売れるパッケージの法則について解説。
ターゲットの絞り方や、サプライズを訴求する仕掛け作りの重要性を語り、「モノを通じて得られる体験や感動こそ、付加価値である」とした。
パッケージ開発に用いる手法としては3C分析を紹介した。
ここでも同社が手がけた多数の事例を交え、新しい価値の生み出し方を解説した。
さらに円滑なヒアリング手法として、「決定権者の同席」を強調し、自らのエピソードも織り交ぜ説明した。
「お客様にとって、われわれは商品作りのパートナーである。
商品に対する悩みや課題を共有し、安売り競争から脱却したモノづくりに挑戦してみまいりたい」(松浦社長)と呼びかけた。

★★★★★

日報ビジネスさん、ご掲載ありがとうございました!!!

カテゴリー | メディア

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × two =

ページの上部へ