顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島盛和塾 > 【アメーバ経営は何のため?】~盛和塾<徳島>例会@パシフィックハーバー~
2019年07月27日

【アメーバ経営は何のため?】~盛和塾<徳島>例会@パシフィックハーバー~

<2019年7月25日(木)盛和塾 徳島 例会@パシフィックハーバー開催>

どうやったら儲かるんだろう?

アメーバ経営のテクニックを使えばいいんじゃないか?
あるいは、管理会計システムを変えるとか?
いやいや、営業方法を変えるとか。

いやいやいやいや、その前に!
「何のために」儲けたいが抜け落ちているでしょう。

<アメーバ経営」京セラコミュニケーションシステム 早川啓介氏の講演>

ボクは正直、この日は「テクニックを学ぼう」と思ってました。
どうやったら儲かるのか?

そんなボクに早川氏の冒頭の一言。
「アメーバ経営は道具であって、目的ではない。
目的は理念の実現、従業員さんの物心両面の幸せでないと」

ガツーンですね。
深い言葉を頂きました。

何のために儲けるのか?
利益が必要なのか?

それは理念実現のため、社員さんの幸せのためです。

<京セラ流コンパとは?>

早川さんは例会が終わったら、すぐに京都に帰るという超強行スケジュール!
コンパにも出ずに、帰ってしまいました。
そんなスケジュールで、ありがとうございます。

そして、始まった「京セラ流コンパ」
目的はこんなこと。
「通常の宴会とは趣の違う、皆が車座になって酒を酌み交わしながら、職場のあり方、仕事をめぐる話、人としていかに生きるべきかという人生論などを語り合い、ある時は激しく議論を戦わせる」

そう!
単なる飲み会じゃなく、
学びを深める場なんです。

本日の感想、今後の展開など、
熱く語り合いました!
共に学ぶソウルメイトにありがとうございます。

<追記 ザ・パシフィックハーバーの料理>

それにしてもハーバーの料理は相変わらず旨いなー。
いつもこれが盛和塾<徳島>の楽しみでもあります。

雰囲気もいいんですよね。
ハーバーさん、いつもありがとうございます。

カテゴリー | 徳島盛和塾

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + fifteen =

ページの上部へ