顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 心にしみる顧客満足①② ~中村文昭さん~ 
2009年09月2日

心にしみる顧客満足①② ~中村文昭さん~ 

本日から、クロフネカンパニーの中村文昭さんの講演レポートを連載させて頂きます!

まぁ、この人は本当に漫才師のような方ですが、内容は本当に意味が深い!


どうぞ、お楽しみに!


パッケージ松浦 のブログ

(懇親会の中村文昭さん)


【1】 挑戦者への試練の言葉

新しいことを始める挑戦者が必ず浴びる3つの言葉がある。

 お前には無理

 お前にできるわけない

 世の中をなめるな

この言葉を聞いたって、諦めるわけにもいきません。

では、この言葉を聞いた時にどうするのか?

【2】 ドМになれ

殆どの人は、この言葉で諦める。

しかし、成功者になる人は、この言葉で燃える。

…とうか、この言葉を聞くと快感になる。

成功者は目の前の困難を「いかに楽しめるか」と考える。

…というか、考える前に、そう受け止める。

「絶対に無理」と言われたって、「絶対に無理」とは思わない。

むしろ、「絶対に無理」と言われると快感になる(笑)

失敗から学んで楽しむ。

人にボロカス言われても、「将来、このボロカス言われたことが伝説になるな」と思う。

※ボロカスに言われたり、本当に苦境に陥ったときは、映像として残しておけ!

動画を録っておけ!

失敗したことは「失敗ノート」を作って、記録しておけ!

何故か?

将来、「ガイアの夜明け」や、「情熱大陸」に出るときに使えるからです!

ボロカスな映像があればあるほど、番組が盛り上がって、日本中が感動する!

そう考えたら、ゾクゾクして、興奮してくるでしょ(笑)(ドМ魂)

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

1 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    失敗から学ぶということは、自分の中に一度落とし込まないとできません。反省して改善、改良することで、より自分の中で具体化した改善策が出てきます。プラス思考がここでも大事になってきます。あとは情熱でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 8 =

ページの上部へ