顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 上甲晃さん③ 人を活かす、全てを活かす
2010年05月10日

上甲晃さん③ 人を活かす、全てを活かす

人を活かす、全てを活かす

松下幸之助がよく、人からこのように言われておりました。

「松下は二流、三流の人を集めて、一流の仕事をする会社だ」

考えて見れば、一流の人を集めて、一流の仕事をするのであれば、それは普通のことです。

二流、三流の人を集めて、一流の仕事をするから素晴らしいのです

そのように言われるのは、松下幸之助が人の長所を見つける天才、人を育てる天才だったからです。

例えば、松下幸之助は中卒で学歴がありません。

普通に考えたらデメリットですが、松下幸之助は「私には学歴がない。だから良かった。社員さんみんなが偉く見えた。立派に見えた。だから素直に言葉を聞くことができた」と言います。

また、ある部長との会話です。

部長「松下社長、あいつは非常に暗い男です。営業をやめさせてください」

松下「そんなに暗いんか?」

部長「はい、本当に暗いんです。あいつがいるだけで周りも暗くなります。ぜひとも、配置転換をお願いします」

松下「暗かったら、…それは、ええわな」

部長「…は?なにをいっているんですか?良い訳ないでしょう!」

松下「暗かったら、ええわ。松下には得意先も多い。そんなに暗いんやったら、葬式とお通夜の担当にしよう」

このようにどんな人材でも、常に活かそうと考えている人でした。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten − 1 =

ページの上部へ