顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <社員幸福度97.5%の西精工さんの秘密>~二律背反する温かさと厳しさの共存する会社~
2018年04月15日

<社員幸福度97.5%の西精工さんの秘密>~二律背反する温かさと厳しさの共存する会社~

2018年4月10日 火曜日
盛和塾の大先輩!
尊敬する西精工さんへのベンチマークツアーでした。


一緒に訪問させて頂いたのは南大阪経営研究会&徳島経営研究会のメンバー13名です。

受付を済ませると、お部屋に案内。
机の上には「ナットくん」が置いてあります。

普通のはこんなんなんですが、、、あれ?
ボクのナット君だけなんか、、、いや、相当違うぞ!?

クリスタルに入ったナットくんがストラップになってる!!
「松浦さんは7回目なので進化しました」
うわっ、ボクって7回目の訪問だったんだ。
これを作ってくれているのは佐野さんという社員さん。
こんな風に特殊に対応してくれてありがとうございます。


冒頭は西社長の講話。
西精工さんでは社員さんアンケートの幸福度が97.5%にも達する。
その秘密はなんだ?
それは毎朝1時間の朝礼。


この日も講話の後で、実際の朝礼見学をさせていただきました。
すると挨拶に関するテーマでした。
本当に1時間、挨拶のことを中心にグループ討論&全体発表などしているんです。


「挨拶って、相手を笑顔にするよね」
「親に元気に挨拶すると、親はそれだけで安心するんだよ」
「感謝の気持ちがないと挨拶がおそろかになっちゃう。
それを全員が真剣に聞いています。
朝礼会場中が温かい空気、優しさに包まれるんですよね。


後ほど、西社長が解説してくれました。
「幸せってこういうことだよね」って毎日しゃべること。
それが幸福度に繋がります。
「幸せって感謝力だよね」
「幸せって、ありがとうだよね」
「幸せってもらうものじゃなくて、感じるものだよね」
「わくわくだって、主体性だよね」
「改善って今よりよくなるから、改善を考えるってわくわくするよね」
こんなことを本当に毎日考え、発表している会社と、そうでない会社。
違いは出るのは歴然です。


その中でも言っていたのが「厳しさ」に関する発言。
たんに甘やかせるだけじゃなくって
「それってダメだよね」って、社員さんや部下にいうことが多々あるそうです。
優しさだけじゃない。

西精工さんにはボクが前々から尊敬する樫本有璃さんという社員さんがいます。

最後の質疑応答の時に質問させて頂きました。
「部下育成、特に叱る重要性について?」


そしたら、樫本有璃さんは「そうですね、3つあります」と言いながら答えてくれました。

1)自分の影響力を意識する
「あ、この子の言ってること、違うな」と思った瞬間に、自分の表情が曇ってしまう。
すると相手が何も言えなくなっちゃう。
だから「表情が大切」なんです。
相手が喋ってくれない理由が自分にあるって思わないといけないですよね。

2)最大の言い訳
「自分ができてないから人に言えない」
これは最大の言い訳
これって「自分が何も変わる気がない」と宣言しているようなものですよね。
上司先輩から変わっていかないと。

3)部下の成果は上司の責任。
私が人材育成を担当した後輩が、正社員面接に落ちちゃったんです。
その状況を見た西社長が「関わった上司の責任だね」と言われた時に、私はハッっとしました。
本当にこの子のために関われたのかと。
叱るときも必要ではなかったのかと。本当に反省してます。

・・・ぐおっ。
今回も樫本さんに本当に丁寧に教えて頂きました。
しかし、かわいい社員さんである樫本さんがこんなに部下育成について語ってもらえるなんて。
西精工さんって、一体、どんな会社なんだ!

背中は見えないけど、追いかけ続けていきます!
今回もありがとうございました!!

<追記>
あ、ちなみにこの樫本さんの理念の浸透を素晴らしく痛感する6年前のブログはこちらです。
https://buff.ly/2Hht7MR
(※ブログ内では旧姓の山田さんになってます)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − twelve =

ページの上部へ