顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <新しい時代を生き抜くための実践知を磨く>
2019年01月31日

<新しい時代を生き抜くための実践知を磨く>

イノベーションを起こすにはどうすればいいのだろうか?
やはり、学び続けるしかない。
同じ考え方、同じやり方、同じ商品・サービスで通用する時代はもうとっくに終わってしまったのだから。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。


2019年1月29日(火)
日創研 徳島経営研究会の例会が開催されました!

「新しい時代を生き抜く実践知を磨く」


コーディネーターに
小林ゴールドエッグの小林真作氏&YBK工業の山田安世氏。


パネリストに
カフェカフス澳津美菜氏&ウト・ウーク木元靖博氏&長尾鉄工 長尾雅史氏。


5人によるパネルディスカッション形式で開催されました!

実はこの取り組みは、徳島経営研究会初の試み!
やり方もイノベーションしてます。


金村会長の言葉!
「例会の目的は、どうやって学んでいるのか、社員さんと共有しているのか、理念を落とし込んでいくのかを共有すること。それを共に学んでいくんだ」
すばらしい挨拶でした!

そしてディスカッションスタート!
三者三様のコメントが聞けます。


心に響いたのは「学びはきっかけでしかない」ということ。
学んだから、即業績が上がるとか、社員さんが活き活き働くようになるとか。
そんなことはない。
学んだことは「きっかけ」にしか過ぎない。
学んだ上で、自分がどう行動を変えていくか?
そこが大切だということでした。
(きっかけを得るために、学び続けることが必要というのが前提です)


白熱した討論に、ゲスト参加された方は
「こんなに熱い討論にびっくりした」とコメントしてくれました。
ありがとうございます。


次回は2月21日(木)に
エーテックの青木一夫社長の講演委員会が開催される予定です!
興味のある方はぜひ!

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + 19 =

ページの上部へ