顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 【カレーで学ぶ事業の効率化】~エーテック流 効率化って何や?~
2019年09月27日

【カレーで学ぶ事業の効率化】~エーテック流 効率化って何や?~

<松浦、エーテックカレー勉強会に潜入!>

2019年9月25日(水)
前々から気になっていた
エーテックの「カレー勉強会」に潜入させていただきました!

社員さん数名限定で、社長と語り合う時間を定期的に作っているそうです。
今日は横田さんと藤井さん!

<なぜ、カレー勉強会?>

食事を一緒にとるとコミュニケーションがよくなる!
そんな説があります。

「同じ釜の飯を食う」
こんな言葉があるように、
同じ飯を食うのには意味があるのです!

<テーマは「どうすれば効率よく仕事ができるか?」>

このテーマは、横田さんが発案したものだそうです。
テーマを考えるだけでも素晴らしい!

「どうすれば効率よく仕事ができるか?」と青木社長から問いかけがあります

横田さんは「報連相と、確認です」
藤井さんは「段取りです」としっかり答えます。

<具体的な仕事の流れで段取り>

この後、超具体的に
青木社長から効率化のお話がありました。

工程の流れをよくする。
配達をまとめる。
そんなことが話し合われます。

<風通しの良い社風>

青木社長は「業績を上げるには風通しの良い社風を」と言います。

例えば、配送の流れをよくする!
今日、小松島に納品して、
明日、小松島に納品する。

これって、効率悪いよね。

でも、現場はそうは思ってない。
「だって、納品伝票出てたから」

これって、指示通りにやってるだけなんですよね。
「いや、今日はこれを納品しろ言われましたから」
ってなる。

でも、風通しがよい社風で、
前の工程から
「これは今日の予定だけど、明日でも大丈夫」
後の工程から
「明日の予定にしてるけど、別に今日納品しても大丈夫だよ」
そんな情報が伝わっていたら!?

もちろん、一回の納品で済む。
そして、効率が上がり、生産性も利益もあがるんです。

うーん、これはパケマツも真似しないと。

<青木社長の愛情がチラホラ>

青木社長は
「下向いて動くやつはアカン」と言います。

これは周りの状況に気づく機会を失っている!
「ああ、配達が今、こんな状況だな」
「塗り加工は暇そうだな」
こんな気づきもあるけど、
もっと根本的なことがあります。

それは
「危険と隣り合わせ」ってこと。
現場はやっぱり、危険があるから。
「右からフォークリフトが来る」
「左からクレーンがくる」
ということがある。

「スマホ見ながら歩くやつはアカン」
そうなんです。
そう言う「危険」と隣り合わせなので、
常に危険信号をOFFにしてはいけません。
微弱でもONにしてないと!

そして、最後に根本的な質問をしてくれました。

<Q なんのために効率化するの?>

答えはめっちゃシンプルでした。
「早く家に帰るため」

青木社長は本気で社員さんの幸せを祈ってます。
だから
「早く帰ってゆっくりしてくれ」
「休養も必要やで」
「家族との時間っているよね」
って本気で思ってます。

だって、第二の子育ての気持ちでやってますから。

青木社長のこの考え方はシビれます。
いつも学ばせてくれて、ありがとうございます!!

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × five =

ページの上部へ