顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 【ダメ出しの達人から、ほめる達人へ】~ほめ達 西村博さんの「ほめる生き方」~
2019年09月28日

【ダメ出しの達人から、ほめる達人へ】~ほめ達 西村博さんの「ほめる生き方」~

2019年9月26日(木)AM6:00!

<徳島眉山倫理法人会 700回記念講演>

西村博さんによる
「ほめる生き方」モーニングセミナーを受講してきました。

西村さんは、ゴジカル水曜レギュラーで、もうほぼ芸能人!
そんな人気もあってか、会場は朝6時から超満員!
70名超えてたんだって!
すごいっ!

<ほめる生き方 ほめる達人 仕事と家庭円満プロデューサー 西村博氏>

西村さんは現在、3つの事業を行っています。
・車検
・新車販売
・ペット葬祭

そのうち、車検の西村自動車は
「ほめちぎる自動車屋」と名乗っているそうです。

ほめちぎる自動車屋さんって、一体なんでしょうね(笑)?
ある日のエピソードを聞かせて頂きました。

お客さんが駐車場に入ってくる。
社員さんが、お客さんに駆け寄る。
その時に、話しかけていたセリフに、
西村さんはびっくりしたそうです。

「いやー、お客さん、素晴らしいブレーキでした」
そこまで、ほめちぎるのかっ(笑)

<ダメ出しの達人時代>

現在は「ほめる達人協会」認定の「ほめ達」である西村さん。
でも、実は!
過去は超ダメだしの達人だったそうです。

どのくらい「ダメ出しの達人」、
つまり「ダメ達」だったかというと、こんな感じ。

西村自動車に戻ってきて、厳しく社員さんにダメ出しした結果、
なんと!
全社員退職!

あまりに家でもダメだしするので、
遂に、嫁さんが家出(汗)

まー、本当に「ダメ達」だったそうです。

<ピンチが西村さんを変えた>

西村さんはこの連続するピンチに現在は感謝しているそうです。
「当たり前」のことに感謝できるようになったと。

ダメ達時代は
・時間通りできて、当たり前
・仕事に行って、当たり前
・ご飯作ってくれて、当たり前
・家族たいてくれて、当たり前
「ありがとう」さえ言えない自分だったそうです。

このころから、「自分を変えなきゃ」と決意されました!

<学びが西村さんを変えていく>

30歳を過ぎて勉強を始め、
「ダメ出し」から180°転換し、「ほめる」を始める。

・・・が、
・・・どうしても、
・・・ほめるところを探しても、見つからない(汗)

とりあえず、ほめてみた。
「ほめる生き方をする」と決めたのだから。

「ありがとう」
そうは言っても、心の中は「この野郎」「もう3回目やで」などの
葛藤があったそうです。
それでもほめることを続けた。

すると、100日くらいで変化があって
素直に、スタッフに「いつも会社に来てくれてありがとう」と言えたそうです。

そして、現在。
会社は売り上げを2倍以上にする好業績になっているそうです。
全ては「ほめる生き方」を決意したところがスタートだったそうです。

<他人原因なの?自分原因なの?>

ほめるのは相手の問題ではなく、自分の問題だと、西村さんは言います。
ほてることころがない人はいない!
ほめるところを見つけられないのは、自分なんです。
だから、しっかりと相手を見て、長所をほめるのです。

<ほめる文化をつくりたい>

西村さんは「ほめる」を受ける人についてもお話されていました。

せっかく、「あなたのこんなところが素晴らしい」ってほめても
受け取る方が「いや、大したことないです」って跳ねのけちゃうことがあります。

これが良くないんですね。
実は、ほめる方も恐いんです。
「受け止めてもらえなかったら、どうしよう?」って。

受け取めてもらえなかったら、
「ああ、恐怖の予感が現実になった」と
さらに褒めにくくなります。

ほめてもらったら素直に
「ありがとう」
「嬉しいです」って受け止めましょう。

なんだったら、例えば
「キレイですね」って褒められたら
「よく言われます」って受け止めましょう(笑)

「すばらしいですね」って褒められたら
「正直ですね」って受け止めましょう(笑)

そうすることによって、
ほめる文化が出来上がっていくのですと。

西村さん、本当にいつもいろいろなことを教えてくださり、ありがとうございます。
これからもご指導を宜しくお願いします♪

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + 12 =

ページの上部へ