顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > <ネクストンさん社内勉強会 鈴木昭彦社長の講話  「ハインリッヒの法則」とその逆作用>
2012年08月17日

<ネクストンさん社内勉強会 鈴木昭彦社長の講話  「ハインリッヒの法則」とその逆作用>

<ネクストンさん社内勉強会 鈴木昭彦社長の講話を聞いてきました 「ハインリッヒの法則」とその逆作用>

2012年8月7日
ネクストンさん社内勉強会
鈴木昭彦社長の講話を聞いてきました。

鈴木昭彦さんは私が社長になったばかりで、なにをやったらいいのか?
全然わからなかった時代から、私に「経営ってなんだ?」ということを教えてくださった人です。

本当に当時の私はスモールライフ(=自分や自社だけの幸せ)しか見えてなかったです。
そんな私にビッグライフ(=関わる人全ての幸せ)を祈る生き方を教えてくださいました。

今回の鈴木さんの講話で印象的だったのは「ハインリッヒの法則」でした。

●ハインリッヒの法則
 
別名もあります。
1:29:300 の法則 ともいいます。
 
 
1個の重大な事故の陰に、
29個の「あ、危ない!」があって、
その陰に300個のヒヤリハット(冷やっとした、ハッとした)がある。
 
 
つまり、事故をなくすには、
こういうヒヤリハットをなくす必要があるんです。

 

パッケージ松浦でも、何かクレームがある、
何かお客さんを怒らせた、
何か失敗をした、
そう言ったことがあったら、「自分が普段から何か怠慢してなかったか」
問い直してみる必要があると感じました。

あの時、電話一本入れなかったから怒ったのでは?
あの時、きちんと確認しなかったからクレームが起こったのでは?

小さいミスや怠慢が重なっている可能性が高いです。

 

そして「逆 ハインリッヒの法則」も成り立つと感じました。
 
「一人の喜び」というのをつくろうと思ったら、
「信頼」を創ろうと思ったら、
それはもう、普段から積み重ねていくしかないのです。
 
 
いきなり、感動してもらおう、喜んでもらおう、なんてことはできません。
いきなり「信頼」ができる訳ではありません。

普段から「どうやったら喜んでもらえるか」ということを常に考えているから、
そして、小さい喜びを300個作るから、できるようになるんです。
 
 
それが「信頼」につながるのではないかと思います。
大きな「信頼」の前に、300個の小さい喜びをつくる!
 
 
こんな社風を創っていきたいと思います。

鈴木昭彦社長!有り難うございました!

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + five =

ページの上部へ