顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【デザインのジレンマ】~最大のタイムロス「修正を確認」を限りなく0にせよ~
2020年06月23日

【デザインのジレンマ】~最大のタイムロス「修正を確認」を限りなく0にせよ~

パッケージデザイン打ち合わせで一番のタイムロスって何だろう?

それは「修正と確認」タイムです。

よくあるクライアントと、デザイナーのやり取りがこちら。

クラ「もう、完成間近だね」
デザ「ありがとうございます」
クラ「じゃあ、ここだけちょっと赤に色変更で」
デザ「そうします」

・・・後日
クラ「あれ?やっぱり、赤じゃないね」
デザ「え?そうですか?」
クラ「朱色にして、あとちょっとだけネーミング大きくしようか」
デザ「はい!」

・・・後日
クラ「ん?色はいいけど、大きくなりすぎたかな?」
デザ「・・・・」

こんなやりとりが繰り広げられることが多いのです。
この特に「・・・後日」ってところが、最も時間がかかってます。

「確認」がクライアントの会社で、
「修正」が自分の会社に戻ってなので仕方ないのかも知れません。

時間もかかるし、行ったり来たりで面倒だ(汗)

この「修正と確認」の時間を限りなく「0」にできないだろうか?

・・・できました!
パケマツの新サービス誕生です!

「zoomによるリアルタイムデザイン打ち合わせ」により
パッケージデザインの最も時間の価格「修正と確認」の時間が
限りなく「0」に近づきます。

先日、
日高食品工業様(兵庫県姫路市)の中島さんと、
パケマツの桑原さんが、
デザイン打ち合わせをzoomにて行いました。

新商品シールの打ち合わせだったのですが、
イラストレーターの画像を画面共有しながら
「ちょっと大きく」
「少し色替え」をリアルタイムで行います。

いつもは姫路に行ったり、徳島に来てもらったり、
あるいは資料をプリントアウトして送ったりしてたのですが、
zoom活用により、「修正と確認」がリアルタイムになりました。

これは便利!

日高食品さんとのやり取りが最初だったんですけど、
今後、この手法は増やしていきたいなと思っております。

「zoomによるリアルタイムデザイン打ち合わせ」により
働き方改革や、生産性の向上につなげていきます。

ぜひ、パケマツをご活用くださいね♪

日高食品工業さんと言えば、
とっても面白い商品を作っております。


日高食品工業さんの「顧客を想定した商品開発、パッケージ企画」

こちらのパケTubeもぜひ、観て見てね♪

日高食品工業の中島さん、打ち合わせ、ありがとうございました!
パケマツの桑原さん、新サービス開発を、ありがとうございました!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − fifteen =

ページの上部へ