顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【アメリカ代表のバイデン氏、鳥取代表の平尾とうふ店】~継承時から売上4倍パッケージ~
2020年11月9日

【アメリカ代表のバイデン氏、鳥取代表の平尾とうふ店】~継承時から売上4倍パッケージ~

アメリカ大統領選挙の
結果が出ましたね!

バイデンさん!
おめでとうございます!

レーガンさんを抜いて
史上最高齢の大統領になるみたいですね。

2021年の就任時では
78才になっているバイデンさん。

世界をよくするために
アメリカを代表して頑張って欲しいなー。


https://news.yahoo.co.jp/pickup/6375896

さて、本日のブログは
「代表することを宣言する」大切さです!

この写真は2015年に
初めて、鳥取県の
平尾とうふ店に訪問した時の画像。

平尾隆久社長との記念撮影。
ボクがなんか、若いなー(笑)

さて、当時の平尾さん。
事業を継承したばかりで
非常に悩んでおりました。

「豆腐や油揚げが売れない」

当初のパッケージがこちらです。


ポリ袋に「油揚げ」と書いてあるシール。

ちょっと安っぽいかな(汗)

そこで、ボクは平尾さんに聞いたんです。

「どうして、事業継承しようと
決意されたんですか?」

するとそこには
平尾さんの熱い想いがあったのです。

「この豆腐屋は
じいちゃんとばあちゃんが
創業したんです。

お父さんとお母さんは
継がず。。。

ボクも大好きな自動車関係の
会社で楽しく働いてました。

でも、ある日、
おばあちゃんに言われたんです。

“隆久、もう豆腐辞めるわ”

その時、ボクに
カチっとスイッチが入ったんです。

“鳥取を代表するような
じいちゃんとばあちゃんの豆腐。
なくしてはいけない”

そして
“ボクが継ぎます”
と言って、
継承することになりました」

いや、これ!
言葉にするとこれだけだけど。

一大決心ですよ!
なかなかできない。

 

 

鳥取を代表する。。。

そんな平尾さんの
熱い想いを聞いたので

パケマツからの
提案パッケージはこうなりました。


「鳥取代表 平尾揚げ」

どーですか?
高級感でたでしょ?!

何より
「鳥取代表 平尾揚げ」

このネーミング!

それを象徴するように
鳥取型のシール!

これが顧客の心に響くコトになりました。

販売店で大人気!
ヒット商品になる!
さらには売り場も増える。

パッケージを変えて
現在は継承時と比べて
年商が4倍になっているそうです。

「鳥取代表」

まさに「鳥取を代表するんだ」という
その宣言が顧客に届いたのですね。

ちなみにこの「鳥取代表」は
豆腐にも展開していきました。

この鳥取型シールパッケージ!
ほんと、いいインパクトになる。

「ホンマに旨いの?」と
心配される方、ご安心ください。


2018年の中国四国豆腐品評会の様子。
中四国で「金賞」、つまり1位になるようなお豆腐です!
間違いない味です!

本日のブログは
「代表することを宣言する」大切さでした!

お楽しみいただけたら嬉しいです(^^♪

あ!
「平尾とうふ店の豆腐、食べたい」
「でも、鳥取には行けないし」

というアナタに朗報です!

実は

オンラインストアが開設!
https://shop.hiraotoufu.com/

全国どこでも取り寄せることができますよ。


ボクのおススメはこの
「平尾とうふセット」です!
https://shop.hiraotoufu.com/items/20984325

ぜひぜひ、お楽しみくださいませ。

平尾とうふ店(法人名 クベル)
https://hiraotoufu.com/

鳥取県鳥取市河原町佐貫1206
0858-85-2240
営業時間 9:00〜19:00
定休日 日曜・月曜

<平尾隆久さん登場のパケTube>

ぜひ、平尾さんの熱い想いも、
肉声で聞いてくれたら嬉しいです!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen + 2 =

ページの上部へ