顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージで自社が何者であるか語ろう】~パパベルさんのP-RUSKパッケージ~
2021年01月11日

【パッケージで自社が何者であるか語ろう】~パパベルさんのP-RUSKパッケージ~

「あいつは犯罪者」
「生きてる価値がない」
「消えてしまえ」

なんて人を傷つける
陥れるような
あるいは“まったく嘘”の投稿が
なぜか、起こってしまうSNSの世界。。。

いや、“なぜか”じゃないですね。
理由ははっきりしてます。

「匿名」だからですね。

だから言いたい放題、
書きたい放題に書いちゃうわけです。

そのネット被害に対する裁判が
かなりスピードアップするとのこと。
ネット被害、裁判迅速化へ

いいことだと思います。

そもそも、意見を発言するのに
「自分を隠している」って
おかしいと思いませんか?

極論かも知れませんが
ボクはそんな裁判をするよりも

「SNS全員実名法案」

を通しちゃう方が
いいかと思いますけどねー(^^♪

商品パッケージの世界では
「匿名」なんてあり得ないでしょ?

「パッケージによって
自社が何者であるか語る」

必要があるのです。

例えば「ラスク」を
販売するときに

・販売している会社、、、不明
・中に入っている材料、、、不明
・商品名も、、、不明

・・・どうです?
これ、あなたは買いますか?

絶対に買わないですよね。

だって、もし食べて
お腹を壊してしまったとき
どこにクレームを
入れたらいいのかも分かりません!

パッケージにきちんと
社名も書いてある。
商品名も書いてある。
原材料名も書いてある。
なにかあった時の連絡先も書いてある。

パッケージによって
自社が何者であるか語る
必要がありますよねー。

徳島・香川の有名ベーカリー
「パパベル」さん!

街の人に非常に愛され
毎日通う人もいるくらいの
親しみのあるパン屋さんです。

でも、ラスクだけじゃない!

実は「ラスク」も発売しています!


P-RUSK(ピーラスク)

「Pちゃん」という
パパベルのキャラクターの
パッケージが目印の名物商品!

パッケージで
「自社が何者か」語ってるでしょー。

ちなみに、多くのラスクの
競合品は
なんとなくお洒落なイメージで
高級感を持ってデザインされています。

Pちゃんというキャラクターを使うことによって
親しみやすい感じにしました。

お店の空気感を
パッケージでも表現したんですねー。

こんな評価も得ているようです。

「石窯パン工房PaPaBeRu では、
パンが当然、おいしく食べれますが、
おすすめは、ラスクですね、、
料理人自慢のラスクとの事で、
宣伝もそして、
パッケージのデザインにも力を入れていて、
お土産に最適かと思います
、ぜひ、一度」

こんな評価を受けて嬉しいなー(^^♪

ピーちゃんという
キャラクターのパッケージで
パパベルさんというパン屋さんが

非常に親しみやすいパン屋さんであると
語ってますよね(^^♪

本日のブログは
「パッケージで自社が何者か語れ」とうお話でした。

パパベルさんは
徳島に3店舗!
香川に3店舗あります!

https://papaberu.com/

ぜひ、お立ち寄りくださいねー!

パパベル住吉店
〒770-0861
徳島県徳島市住吉4丁目5-92
TEL.088-625-4267

パパベル国府店
〒779-3118
徳島県徳島市国府町井戸字高池窪51-4
TEL.088-643-0135

パパベル北島店
〒771-0205
徳島県板野郡北島町江尻字宮ノ本26-1
TEL.088-697-0037

パパベル高松店
〒761-8075
香川県高松市多肥下町1529-1
TEL.087-869-0700

パパベル丸亀店
〒763-0084
香川県丸亀市飯野町東二中代甲261-1
TEL.0877-85-5003

パパベル太田店
〒761-8073
香川県高松市太田下町1870-1
TEL.087-864-5115

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − four =

ページの上部へ