顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【なぜ、ポップコーンパパが何カ月も連続で130%売上アップなのか?「ペルソナ」でパッケージ変化】
2013年02月1日

【なぜ、ポップコーンパパが何カ月も連続で130%売上アップなのか?「ペルソナ」でパッケージ変化】

【なぜ、ポップコーンパパが何カ月も連続で130%売上アップなのか?「ペルソナ」でパッケージが変わる!】


おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「ポップコーンパパ」という日本一の32種類を誇るポップコーン屋さんがあります。
(ポップコーンパパ http://www.popcornpapa.jp/ )

 

ポップコーンパパのUCW店(USJの近く)の店舗は、
昨年同月比130%をずっと続けているそうです。

その秘訣は一体何なのか?

大きな要因はブランディングです。
企業としての方向性をはっきりと示します。

 

そして、要素の一つとして「パッケージ」があります。
企業のブランディングの方向性をしっかりと表しています。

 
 

ポップコーンパパのもっとも喜ばせたい人(ペルソナ)は
37歳 女性 子供2人の方です。

お母さんが喜ぶことって、何でしょう?
それはやっぱり、「子供の喜ぶ顔」でしょうね。

じゃあ、ポップコーンパパのパッケージはどうするのか?
キャラクターをつけて、子供が喜ぶようにする。
思わず遊びたくなるような段ボールにするなど、いろいろあります。
 

その手法の一つとして、こんなシールがあります。
「キャラクターシール」です。

こんなのが入っていたら、子供は喜びますよね!

ハッキリ言うと、コスト高です。
もちろん余分な資材がかかっている訳です。

でも、そうじゃないんです。
お客さんの心に残ることが大事なんです。

お客さんの心に残るということは、
また注文してくださる可能性が高まるんです。

ヘビーユーザーの中には、
子供がシールを顔に貼って遊んだりするそうです。
さらにそれをソーシャルメディア(ブログやフェイスブック)などに流す人も出てきたそうです。

口コミ効果もありますね。

 

37歳の子持ちの女性を喜ばせるために。
つまり、お子様を笑顔にするために。

ポップコーンパパのパッケージには一貫性を持って
「子供を喜ばせる」仕掛けとパッケージがあるんですね。

だから、本当に喜ばせたい人(ペルソナ)が喜ぶんです。
そして、リピートするんです。
昨年同月比130%を達成するんです。

あなたの会社でペルソナ、あるいはターゲットは明確でしょうか?
そして、その人を喜ばせるパッケージに、店舗に、制服に、名刺に、一貫性を持ってなっているでしょうか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 4 =

ページの上部へ