顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【資生堂 スーパーマイルドシャンプー 「パパフロ」プロジェクトで「イクメン」を育成する】
2013年04月5日

【資生堂 スーパーマイルドシャンプー 「パパフロ」プロジェクトで「イクメン」を育成する】

【資生堂 スーパーマイルドシャンプー 「パパフロ」プロジェクトで「イクメン」を育成する】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

資生堂「スーパーマイルドシャンプー」は
もはやシャンプーを売っていませんね。
「家族の触れ合い」を売っているんだと思います。

もう、お客様は商品・モノは欲しくありません。
商品によって、どんな体験・価値を得られるかが欲しいのです。

シャンプーだって欲しい人はいません。
かつては「美しい髪」でした。

そして今は、「家族の触れ合い」や「イクメン」育成のために欲しいのかも知れません(笑)

商品にはPOPシールや、パッケージへの直接印刷で、
「パパと子どものおフロを応援! パパフロ」と伝えております。

●10人に8人がパパフロ(お父さんと子どもの入浴)を実践
●そのうち8割が親子のコミュニケーションとしてパパ風呂が大事と実感
●パパフロをしている子どもは「友達が多い」「礼儀正しい」「思いやりがある」などの好影響

「家族の絆を結ぶ“イクメン度”を高めるヒントは“パパフロ力”にあり」
というような体験・価値を伝えているんですね。

スーパーマイルドシャンプーでパパフロすることで、
「家族の絆」を売っていると言っても過言ではありません。

単なる商品を売るのではなく、
パッケージでその先にある家族の絆・体験・価値を伝えてみませんか?

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × four =

ページの上部へ