顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > オリンピックロゴに潜む謎に学ぶ 超簡単・お店のブランド力アップ パッケージにロゴシールを!
2022年02月5日

オリンピックロゴに潜む謎に学ぶ 超簡単・お店のブランド力アップ パッケージにロゴシールを!

いやー、遂に昨夜開幕しましたね!
北京オリンピック!

まあ、開催前は
オミクロン感染拡大や
外交ボイコット問題があったり

大騒ぎしましたが
無事に開幕してよかったです!

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

オリンピックロゴに潜む謎に学ぶ
超簡単・お店のブランド力アップ
パッケージにロゴシールを!

で、行ってみよーーー!

 

 

オリンピックのロゴって
こんなですよね!

誰もが知っていますが
このロゴの意味はご存じですか?

 

 

・世界にある5つの大陸を意味している
(ヨーロッパ大陸、アメリカ大陸、アフリカ大陸、アジア大陸、オセアニア大陸)

・WORLD(世界)の頭文字であるWの形に配置

などの意味があるんです!

他にも諸説あるので
詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

オリンピックのために
このロゴを見る。

このロゴがオリンピックだと
何度も見ることによって
潜在意識まで刷り込まれてますよね。

企業のロゴも
お客様に何度も見てもらうと
ブランド力が高まっていきます!

そのために結構、重要なのが
「ロゴシール」です。

 

 


樋口豆腐店さん「とうふ想」

ロゴシールのあり、なしで
だいぶ、ブランド力が違うでしょう!

ロゴシールがある方が
美味しそうに見える!

 

 


ウト・ウークのオードブル!

ロゴシールがないと
実はどこのオードブルか
分からないのです。

購入したお母さんは
「ウト・ウークのオードブル」
って知ってますが

ひょっとしたら
一緒に食べた
お父さん、お子さんには
一切、ウト・ウークが伝わらない。

もったいない。。。

 

 


ちなみに、ウト・ウークさん!
こんな個別のメッセージを
添える技を使ってます!

うーーん、ボクの心を
鷲掴みにしに来ますね!

ボクの中で
ウト・ウークの
ブランド力が爆上げです(笑)

 

 


山のせさんはロゴシール

商品パッケージに
貼るのももちろんですが

社員さんや関係者、
ビジネスパートナーに配ります。

すると、、、
スマホにペタペタ。


ノートにペタペタ
いろんな場所に使ってくれています!

 

 

 


ダイトー工業さんでは
マスクに貼ってくれたりして
社員の「企業人」意識を高めてくれてます。

「私はダイトー工業を
代表しているぞ!」

って感じですよね。

 

 

こんな風に
ロゴシールがあるだけで
ロゴを見る機会が増えます。

ブランドがお客様に、
社員さんに、
ビジネスパートナーに
ブランドが記憶されていきます。

しかも、ロゴシールがあるだけで
美味しそうに見えたり
ちゃんと「このお店の商品だ」ってわかるし
社員の意識が高まったりします。

超お手軽パッケージなので
ぜひぜひ、活用してみてね!

 

 

本日のお話は

オリンピックロゴに潜む謎に学ぶ
超簡単・お店のブランド力アップ
パッケージにロゴシールを!

でございました。

あなたの今日一日が
謎が解決する
一日でありますように!


パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + five =

ページの上部へ