顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 商標登録、著作権など 最新の注意を払って パッケージ開発しましょう
2022年05月4日

商標登録、著作権など 最新の注意を払って パッケージ開発しましょう

ご存じですか?

ミッキーマウスの著作権が
アメリカでは2023年に切れます。

「えーーー、あのミッキーが
無許可で自由に
うちの商品に使えるの?」

ってことなんです。
これは大事件!

しかし、日本では
果たしてどうなんでしょう?

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

商標登録、著作権など
最新の注意を払って
パッケージ開発しましょう

で、行ってみよーーー!

 

 


※著作権が切れると言われているのは
ミッキーマウスのデビュー作
1928年『蒸気船ウィリー』のみ(2019年10月15日の記事)

ミッキーマウスの著作権ですが
一筋縄ではいかないんです。

それが

「著作権延長法」(米国)

この法律の存在です。

 

 

実はミッキーマウスの著作権って
過去にも何度も切れかかっているんです。

細かい説明は省きますが
著作権保護期間が、

・戦争期間は伸ばす
・75年→95年にする
・映画の著作物とみるか、美術品とみるか
・作品の発表から50年とか、作者の死後50年とか

など複雑な法律改正で
どんどん保護期間が
延長されていきます。

 

 

これが実は
ミッキーマウスの著作権が切れる
そのタイミングで
見事に行われていまして

著作権延長法は

「ミッキーマウス保護法」などと
揶揄されています。

いろいろと感じ方はあると思いますが
キャラクターが法律にまで影響する!

ミッキーマウスは偉大です。

ボクらはもうちょっと
見守った方が無難でしょうね。

 

 

さてさて、
キャラクターや商品名など

商標登録や著作権の関係で
世の中に出す前には
一度、絶対にチェックしましょう!

世の中に出してしまった後で

「あの、そのネーミング
うちの商標登録なんだけど
使用料払ってもらえますか」

と言われたら大変ですから!

 

 

そこで便利なのがこのサイト!

特許情報プラットホーム 簡易検索
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

パケマツもよく
お世話になっております。

 

 

簡単な検索で

「この名前は商標登録とられてます」
「この名前は大丈夫です」

と分かるんです。

※申請中のものが漏れたりするので
完ぺきではありません。

 

 

パケマツの場合、過去に
ドレッシングの
デザイン依頼を受けた時

めっちゃいいネーミング
思いついたんですよ。

「お母さんが
お野菜いっぱい食べて貰って
美しく、健康的に」

こんなコンセプトだったんで
桑原さんと一緒に考えて

「才色兼備をパロディして
“菜食健美”っていいんじゃない!」

この名前が出た時は
めっちゃ喜びました!

 

 

でも、特許情報プラットホームで調べたら。。。

特許・実用新案と
意匠登録はゼロだけど

・・・あぁ、
商標登録が5件されてますね。

 

 

もっとよく見ていくと
雪印メグミルクなどが
商標をとっていることも分かります。

このため、このネーミングは
もちろんお蔵入りになりました。

いいネーミングを思いついても
一旦、立ち止まって
こちらでぜひ、ご検索くださいませ。

 

 

本日のお話は

商標登録、著作権など
最新の注意を払って
パッケージ開発しましょう

でございました。

あなたの今日一日が
注意深い
一日でありますように!

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪
https://www.p-matsuura.co.jp/result

パッケージ相談は
こちらまでお気軽に
よろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム
https://www.p-matsuura.co.jp/company#formArea

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − three =

ページの上部へ