顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > エクスマ > <エクスマセミナーin渋谷 好きなことしか残らない 藤村正宏さん(スコット)講演>
2017年11月8日

<エクスマセミナーin渋谷 好きなことしか残らない 藤村正宏さん(スコット)講演>

2017年11月7日(水)
エクスマセミナーin渋谷 「好きなことしか残らない」

エクスマエヴァンジェリストコース16期で半年間一緒に勉強した高野商事の高野洋一さん(ヨタ)と
さらに、同じエヴァコースで親身になってアドバイスを頂いたガナーズ勝村大輔さん(かっちゃん)がゲスト講師ってことで飛びついて参加を決めました!

会場は渋谷のカルチャーカルチャー!
冒頭はいつものように藤村正宏師匠(スコット)の講演!

いきなり痺れた!
「これからの経営に必要なことは個性!」ってこと!


「個性」とは「感性、直感、再現性のないこと」です。
「再現性がある」ってことは「真似ができる」ってこと。

「真似」は人間より「ロボット」や「人工知能」の方が圧倒的得意!
「真似ができる」ってことは、もう「価値のない」時代になっちゃってるってこと。

「再現性がある」ってことが今までのマーケティングの価値だった。
「××必勝の法則」「○○戦略」とかがそう。体系化している。
誰がやっても同じになる。大手の家電量販店が同一化・同質化しているのはそのため。
結局、「安く、早く、多く」の競争になっちゃう。


それじゃダメ、だから個性が必要!
「感性、直感、再現性のない」ことがこれからの時代には必要になってくる!

なるほどなー。
確かに、スーパーとかのチラシとか見てても、同じような価格訴求ばっかり。
(詳しくは桑原さんのブログ)
これじゃどこのスーパーも同じにしか見えない。
だから、「価格」だけをみちゃう。

もっと個性を活かして!
ロボットや人工知能にできないことをやらないと!

ちなみに、スコットは「ロボットや人工知能が絶対にやらないことがある」と断言してます。
なんだと思います?

焦らさずに書きますね。
それは、・・・「飲み会」だそうです(笑)
確かに、ロボットは飲み食いしないな。
だから、エクスマセミナーには必ず飲み会がついている。
なるほどなー。意味があったんですね!


閑話休題
例えばお饅頭のパッケージデザインにしても、お土産物屋さんには同じようなものが並んでいることが多い!
パケマツの仕事は、お客さんの他社では再現性のないようなことを、表現していくことなんだなー。
ありがとうございます。

そして、かっちゃんとヨタ講演に続きます。
また後日、ブログに書かせて頂きます!

カテゴリー | エクスマ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 − 1 =

ページの上部へ