顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > エクスマ > 【エクスマ東北ルネッサンス in 福島県いわき市「旅館こいと」 経済の語源は?】
2012年07月9日

【エクスマ東北ルネッサンス in 福島県いわき市「旅館こいと」 経済の語源は?】

【エクスマ東北ルネッサンス in 福島県いわき市「旅館こいと」 経済の語源は?】

2012年7月4~5日
エクスマ(エクスペリエンスマーケティング)の東北合宿に参加しておりました。

被災地である、いわき市。
そこの温泉旅館を盛り上げようという企画です。

 

講師はエクスマ創始者 藤村正宏氏(通称スコット)

 
モノを売るな!体験を売れ!
そんなマーケティング(エクスマ)を解説してくださいます。

 
エクスマの特長は「楽しくやる」ということ。

 
合宿の中では「どうやったら再び、観光客が呼べるか」というディスカッションも。
本気で楽しく考えます。

 
私が時々、使ってる言葉。

これを知る者、これを好む者に如かず。
これを好む者、これを楽しむ者に如かず。
(3000年も前の論語)


※ルパンな人や、裸の人もいます(笑)

先ほどの論語を現代風に訳せば、
「仕事を知り尽くしている人より、好きでやっている人、
楽しんでやっている人の方が上!!」
ということです。

本当に楽しみながら、復興策を考えました。

 

東北復興の手っとり早いの手段は
①東北のモノを買う
②東北に行く
この2点ですね!

旅行や出張で福島県いわき市に行くなら、宿泊はこちらでいかが?

旅館こいと
http://koito-inn.co.jp/

 こんな美人女将が待ってますよ
天然おかみ こいとふみえさんのブログ
http://ameblo.jp/fumieokami/

ぜひぜひ、ご覧ください!

カテゴリー | エクスマ

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10 + 20 =

ページの上部へ