顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【キョーエイ山城橋店で学んだパッケージマーケティングin社長のかばん持ち】
2016年08月30日

【キョーエイ山城橋店で学んだパッケージマーケティングin社長のかばん持ち】

2016年8月23日(火)
社長のかばん持ち企画で、実際の販売現場を見に行く研修を行いました!

訪問先は「キョーエイ山城橋店」です!
店長の浅野雄司さん(雄司と書いてカツシと読みます)がとっても快く引き受けてくださいました。

IMG_1094
キョーエイ山城橋店の浅野カツーシ店長に教えてもらったこと!
それは「男性と女性の目線高さの違い」!
売れる棚の高さをゴールデンラインというのですが、

IMG_1092
男性のゴールデンラインは下から3段目(上から3段目)!
女性のゴールデンラインは下から2段目(上から4段目)!

うーん、勉強になります。
ちなみに、この画像だと、
氷結のあたりが男性のゴールデンライン!
ほろよいのあたりが女性のゴールデンライン!

そして特に女性は柔らかいイメージのパッケージが好きとのことで、
ほろよいが売れているそうです。

IMG_1096
全員で熱心に聞き入ってますよ!

IMG_1102
他にも野菜が1本(1個)から買えるコーナーが人気だそうです。
その名も「1個から!無理しないでねコーナー」!

IMG_1103
浅野店長曰く
「昔は大が小を兼ねる時代でしたが、今は小が大を兼ねる時代です」

要するに昔は「人参3本入り」パッケージを買ってましたが、
多すぎて、腐らせたり、冷蔵庫の中で発芽させたりするそうです(笑)

ところがこのような「1本」で販売すると
2本必要な人は2本買えばいい。
ということになるんですよね。
これもパッケージを使わないというパッケージマーケティングですね!

IMG_1106
この時の様子は徳島県信用保証協会の里見和彦さんがFacebookに書いてくれました!

「攻める保証協会&四国大学の社長のかばんもち第3弾は、パッケージ松浦の松浦社長です。
昨日、朝早い朝礼から夜の交流会まで、四国大学の2名がお世話になりました。
写真は、キョーエイにてパッケージと陳列の研修の様子です。学生たちのために様々なプログラムをご用意いただきありがとうございました。感謝(*^_^*)」

うーん、こちらこそこのような企画をさせて頂いてありがとうございます!

IMG_1097
そして、このような企画にご賛同頂いて、店舗見学させて頂いたカツーシ・アサノ店長、ありがとうございます。
お礼にSNSの紹介を!

キョーエイグループ
http://www.kyoei-group.co.jp/?=8061

「伝える」「伝わる」「繋がる」「響き合う」
☆共感♪☆
☆アサノ カツシ☆の ゆるーいつぶやきは
こちらから

(blog)
http://s.ameblo.jp/12151223124540
(Instagram)
Http://www.instagram.com/KATSUSHI___ASANO
(Facebook)
Http://www.facebook.com/katsushi.asano.9
(Twitter)
https://twitter.com/KaKamaido

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ten + 9 =

ページの上部へ