顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 出版・執筆 > 【・・・え?!通常1個1000円の新高梨が5倍の価格で売れたパッケージマーケティング】
2016年01月29日

【・・・え?!通常1個1000円の新高梨が5倍の価格で売れたパッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

今日の話は昨日の続き。
包装タイムス2016年新春号掲載のネタ その2です。

IMG_0887

★★★★★

<松浦>
中小企業の皆さんと商品化に向けて取り組む中で強く思うことは、
商品に〝思い〟とかストーリーを絡めていかないと大手企業の中に埋没してしまうように思います。

これも一例ですが、一昨年、2014年に徳島に台風11号が直撃し大きな被害をもたらしました。
重さ2㌔にもなる新高梨を作っている農家で、半分以上の梨が落ちました。

そこで提案したのが「台風にも負けず落ちなかった合格間違い梨」とネーミングすることです。
パッケージはこちらです。

10699268_1564545743766310_1716201083_n

徳島の合格祈願で有名な神社にご祈祷してもらい、合格祈願のお守りもつけました。
更に縁起をよくするために、だるまを印刷したパッケージを導入し、
「絶対落ちないように油性マジックで目を書いて下さい」と表示しました。

結果として1個1000円前後でそれまで販売していたものが
5089円(ごりやく)で販売することができました。

このパッケージを導入したフルーツガーデン山形さんには、
地元紙、全国紙、地元テレビからの取材が殺到しました。

<司会>
まさにアイデアを売るようなパッケージですね。
お味噌汁の商品化とか受験生のためにとか色々と扱っていますね。付加価値の提案の仕方が実にユニークですね。

IMG_0890

★★★★★

いやー。
新聞では私がネーミングしたように書いてますが、
実はフルーツガーデンやまがたの山形文吾社長のアイディアだったんですよ!

10683306_1564549163765968_267403856_o

http://fg-yamagata.jp/
店舗名 フルーツガーデン山形
代表者 山形 文吾
所在地 〒 772-0041
徳島県鳴門市大津町大代645-1
TEL/FAX 088-685-4721

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 − 2 =

ページの上部へ