顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「反応のいいパッケージはあまり変える必要はない」というお話。】
2016年02月8日

【「反応のいいパッケージはあまり変える必要はない」というお話。】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は初徳島マラソンの練習で4km走ったら、
今朝は筋肉痛バリバリです(泣)(笑)

さて、今日のお話は
「反応のいいパッケージはあまり変える必要はない」というお話。

チラシ業界にはこんな言葉もあるようです。
「反応のいいチラシは、反応が落ちるまで使い続けろ!」

有りがちなミスは
「今回のチラシ、めっちゃ、反応が良かったな!
次回は違うネタでチャレンジしよう!」
・・・これで反応を落としてしまうことです。

やっぱり、企画や経営をされている方って、
いろいろと試したいんです。
・・・で、反応率を落とすと(笑)

だから、パッケージにおいても同じ!
反応率がいい場合はそんなに変える必要はないんです。

アナタの地域の「売れ続けている商品」って、
何年も、何十年も、ほとんど同じパッケージってことないですか?
それはその証拠なんです。

24464
例えば大塚製薬さんの「カロリーメイト」。
黄色いパッケージが目印ですね。

考えてみてください。
カロリーメイトがある日突然、真っ黒なパッケージになったとしたら???

たぶん、大きな文字で「カロリーメイト」って書いてても、
アナタは発見できるでしょうか?
ほとんどの人は「あれ?カロリーメイトがないな」と思って通り過ぎるはずです。

A1YCMO9ZoZL._SL1500_
だからと言って、「全く変えなくていい」わけではありません。
パッケージに商品らしさを残しつつ、少しずつ変えるのはOKですよ。

今の自社の商品が
「みんなに知られているロングセラー商品」なのか?
「全く知られていない商品」なのか?
考えてみると、リニューアルの仕方が変わりますね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =

ページの上部へ