顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【かつての私の趣味はクールミントガムのパッケージを見ることでした】
2016年02月14日

【かつての私の趣味はクールミントガムのパッケージを見ることでした】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は大阪のseedさんに強行日帰り取材にでかけていました。
フェリーで行く予定を、車に変更してよかったです。
なぜなら帰りはフェリーが欠航になったからです。

さてさて、本日はちょっと懐かしい話を。
2015年にクールミントガムのパッケージがリニューアルしましたが、
その前のパッケージがこちらですね!

4459255861_b813bed57b_o
お馴染みのパッケージでした。

でも、これに別バージョンがあるってご存知でしたか?

570c01fb94f51ee645bca52a27a1cc96

サーフィンしているペンギン

浮き輪をしているペンギン

レイをしているペンギン

080818_2244~0001

一匹ペンギン

でぶペンギン

120910_0744

蝶ネクタイをしているペンギン

t02200367_0480080012064586194

ハッピーバースディペンギン

coolmint_p

P1040611

50周年ペンギン

P1040614

ハイタッチペンギン

鯨ペンギン

小魚ペンギン

飛び立とうペンギン

images

実は一つの中間箱に15個のクールミントガムが入っていて、
そのウチ、3個に変わったパッケージが存在していたんです。

私はかつて、この変わり種パッケージを見つける度に興奮してました!
スーパー、コンビニに行くたびにクールミントのパッケージを見てましたね。

今でも古い旅館やお土産物店に行くと、これらのパッケージを見つけることができることがあります。
本当に希ですが。

よかったら探してみてくださいね!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × three =

ページの上部へ