顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【贈る人、貰う人、運ぶ人、みんながハッピーになるダンボールの3つのポイント】
2016年04月8日

【贈る人、貰う人、運ぶ人、みんながハッピーになるダンボールの3つのポイント】

こんにちは!
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

最近、よくネットなどで買い物をします。
単なる無地ダンボールで届くときもあるし、
「えぇ~、ここまでするの~?!」と思うダンボールで届くこともあります。

こうやってネットで買い物する人が増えている世の中なので、
やっぱりダンボールにも気を使わないといけません。

そこで私がオススメする3つのポイント!

1)ダンボールにも自社のイメージを!
やっぱりお客さんに認知してもらうために、
ロゴ、社名、キャラクター、URLなどは統一して載せる。
自社のストーリーや、理念なども載せるといいですね!

t02200165_0800060012623378673

t02200165_0800060012623378675

もくもくファームのダンボールには思いや理念がしっかりと刻まれていますね。

2)ダンボールにプチサプライズ!
お礼のメッセージを入れたりするのはいいですね。
できれば手書きで。
無理なら、開けたら裏面やフラップなどの表からは見えない部分に印刷して
お礼やメッセージを伝えるのもいいですね。

blog_import_5552e4c18462a

blog_import_5552e4c30f851

土屋鞄のダンボールは開けると
「ご入学おめでとうございます」と裏面からメッセージが!
そしてフラップには
「6年間よろしくね!」
うーん、プチサプライズ!

3)ダンボールを運ぶ運送会社さんへの気遣い
「宅配ドライバー様に感謝!」
「いつも丁寧に配達していただきありがとうございます」などを印刷する。

t02200165_0800060012623378676

20151130213406

こういったことを書くと、ドライバーさんが気持ちよく配達してくれます。

自社のダンボールを見て、こんな3つのポイントが入っているかどうか、確かめてみてくださいね!
贈る人、貰う人、運ぶ人、みんながハッピーになりますよ!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 1 =

ページの上部へ