顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【宮島にある旅館「錦水館」で見つけた気になるパッケージを3つ紹介させて頂きます】
2016年06月29日

【宮島にある旅館「錦水館」で見つけた気になるパッケージを3つ紹介させて頂きます】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

広島県は宮島の旅館「錦水館」で朝を迎えております。
昨夜から昨年開催された「ガイア超実践塾7期」の同窓勉強会で、
マーケティングの勉強をしながら、温泉に入ったりしております(笑)

さて、本日のパッケージマーケティングブログは
「錦水館のお土産物屋さんで見つけた気になるパッケージ3連発」を紹介させていただきます!

<レインボー食品 かきカレー>

IMG_8781[1]
このパッケージ、なにが惹かれたかというと「持ち手」ですね。
こうやって「持ち手」を付けるだけで、お客さんが持ちやすくなって、持って行ってもらえる可能性が高くなります。

しかも、この持ち手に「絶品ご当地カレーじゃけぇ!」とちゃんと印刷してPRしてます。
ここはデザイン的に無地にしちゃうことが多いのですが、さすが、抜け目ない(笑)

うん、買って帰ろう!

<瀬戸内フルーツジュレ>

IMG_8782[1]
ジュレのパッケージなんですが、一つ一つが六角形のパッケージで目を惹きます。
可愛いですね。

それを3つ並べて、クリアケースに入れているのですが、
クリアケースの下に台紙を入れてます。

この台紙が「瀬戸の海」をイメージさせるデザインですね。
六角形のパッケージが「森」です。
「海と森」のコントラストが美しいパッケージだなと思いました。

うん、買って帰ろう。

<宮島潮湯石ケン>

IMG_8783[1]
おしとやかな女性のパッケージの間に、、、
うわー!
ハゲのおっさん!

これ、知っている人だけ面白い!
実は錦水館の社長である「トニー社長」のイラスト(笑)
特別に作ったんですね。
笑いますね。

やっぱ、中小企業はキャラクターを出して、タレントにならないとね!
パッケージにもしちゃうとはさすがです!

うん、これは買って帰らない(笑)

宮島での宿泊は「錦水館」オススメですよ~。

錦水館ホームページ
http://www.kinsuikan.jp/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12 + 4 =

ページの上部へ