顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ちょっと裏話を公開です(笑) 昨日紹介した「今日は昆布」パッケージはもともとは全く違う案だった】
2016年07月1日

【ちょっと裏話を公開です(笑) 昨日紹介した「今日は昆布」パッケージはもともとは全く違う案だった】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

今日はちょっと裏話を公開です(笑)
昨日、紹介した「今日は昆布」のパッケージ!
p-matsuura.co.jp/?p=13753

実は最初のラフ案から、劇的な変化を遂げたんです。

コスモスで販売されるということで、
そして、具体的なペルソナ像を固めていきます。

IMG_8853
鈴木景子さん 36歳  
夫39才、娘6才、息子3才の4人暮らし

結婚を期に7年前より実家を離れてアパート暮らしを始める。夫と可愛い子供2人に囲まれて楽しい生活、・・・ではあるのですが、正直大変。両親に頼れないこと、金銭的にも厳しいこと、なにより子供の世話にこんなに時間が取られるとは。。。子供を送りだして、パート勤めにでかけたら、それだけで夜はヘトヘト。毎日遅くまで頑張ってくれているお父さん、愛する子供のために安全・安心な料理を手間暇かけて、・・・と思っているものの、ついつい手抜き料理なったり、顆粒のだしの素に頼ったりしてしまう。今夜も食費を抑えるために、近所のコスモスに買い物に来たところ・・・・。

うんうん、鈴木景子さんに喜んでもらって、
「今日は旦那さんにおもてなししよう!」と思ってもらえるようにしよう。
「おつかれさま」とか「おかえりなさい」の気持ちを伝えれたら!

そう思って最初に提案したラフ案はこちらでした!

IMG_8854
「おつかれさま」の酒の肴 食べる昆布
「おかえりなさい」のお味噌汁 だし昆布

「働くお父様には感謝のキモチでおもてなし」のコピーとともに
八木課長にも出てもらってコメント頂いてます!

このラフ案を見て、コスモスさんから「この路線でいこう!」とOKを頂きました。
よかった!

ここからいろいろと修正が入ります。
「おかえりなさいだと夜だけになっちゃう」
「お父さんだけだとちょっとな」

あれあれ?
鈴木景子さんからちょっとぶれていっているような。。。

そして完成形がこちらでした!

IMG_8855
あはは。
八木課長が女性になってる(笑)

まあ、こんなことって、よくあることなんです。
「絞り込みすぎるのが怖い」という感情が働くんですよね。

うーん、ラフ案の方がトンガってて私的には売れると思うんですが、
まあ、これは神のみぞ知る話です。

もっかい、ラフ案と決定案を見てみましょう

ラフ案
IMG_8854

決定案
IMG_8855

丸替わりですね(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven + 11 =

ページの上部へ