顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ブランド化されていたり、固定客がしっかりついている商品のパッケージリニューアルの注意点】
2016年07月18日

【ブランド化されていたり、固定客がしっかりついている商品のパッケージリニューアルの注意点】

今日はちょっと遅い、おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日は「中川成子さんのシーンを変え、顧客を変えることで生まれ変わった甘酒の話」を書きました!
http://buff.ly/29NoZ8E

実はこの甘酒には「通常品」というのがありました。
それは「ひまわり農産市」の鴨島店と川島店の二店舗だけでしか売っていない通常品です。

こちらのパッケージリニューアルにも関わらせていただきました。
従来のラベルがこちら!

000
実はこのラベルは非常に、非常にこだわったラベルで、
阿波伝統和紙にプリントアウトして使っているというラベルでした。

で、中川さんに「どんなところで売って、どんな人が買っているか」聞きました!
そうしたらこんな答えが!
「もうごく固定のお客さんが、買い続けているだけ」

実はこういった商品や、ブランド化されている商品の
パッケージリニューアルには一つ鉄則があります。
「従来パッケージの“らしさ”を残す」

極端な話をしますけど、
「ブルガリアヨーグルト」を買いに行く人はあの青いパッケージを目印に買いに行きます。
でも、例えばブルガリアヨーグルトのパッケージが急に真っ赤にリニューアルしたらいかがでしょうか?

きっと「ブルガリアヨーグルト」ってパッケージに書いてても
「あれ?今日はブルガリアヨーグルトないわ」と気づかないでしょう。

そーなんです。
せっかく、強力な固定客がついていて、今はその人しか買っていないのに、
まるっきりこの甘酒のラベルのデザインを変えてしまったらいけないんですよね!

そこで、従来の“らしさ”を残しつつも、
華やかになって新規のお客さんにも“おっ”と思ってもらえるように変えてみました!

amazake500
それがこちらです!
いかがですか?!

華やかにリニューアルして販売開始しました!
川島、鴨島のお近くを通るときは、ぜひ「ひまわり」にお立ち寄りくださいね!

amazake1000

JA麻植郡 ひまわり農産市 鴨島店
吉野川市鴨島町上下島283
【TEL】 0883-22-0006
【営業時間】8:30~17:00
【定 休 日】 1月1日,2日,3日

JA麻植郡 ひまわり農産市 川島店
吉野川市川島町桑村2827
【TEL】 0883-25-2431
【営業時間】9:00~18:00
【定 休 日】 毎月第1火曜日、元日

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + sixteen =

ページの上部へ