顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【※織田裕二風に(笑)「お客さんは会議室で商品を買うんじゃない! 店頭でパッケージを買うんだ!」】
2016年08月2日

【※織田裕二風に(笑)「お客さんは会議室で商品を買うんじゃない! 店頭でパッケージを買うんだ!」】

こんにちは!
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

昨日、イチハラ農園さんの「朝採りおくら」のパッケージの話を書きました。
そうすると実際にキョーエイ山城橋店で販売されている浅野雄司店長から
「やはり一際目立ちますね👍」
というコメントと共に画像が送られてきました!
うれしいですね!
13883857_10204962133692012_1414105222_n

パッケージを作成するときにどうしても陥りがちなのが
「パッケージ単体」でデザインしちゃうこと。
「売り場を見ずにパッケージデザイン」しちゃうことです。

これをやると「綺麗なのができたね~」と会議室で言ってても、
「いわゆるオクラらしいデザイン」になっちゃっうことになり、
他のオクラと区別が付かなくなります。
野菜売り場で埋もれてしまうことになることが多いんです。

13883746_10204962133212000_847328274_n
実際の売り場を想定して、パッケージデザインを考えることが重要ですね!
青果物売り場で映えてて良かった!

ちょっと極端なことを言うと
「お客さんは会議室で商品を買うんじゃない!
店頭でパッケージを買うんだ!」(笑)


それにしてもキョーエイ山城橋店は本当に面白い!
キョーエイ各店舗の中でも、浅野雄司店長が「浅野笑店」と言い放ち!
POPも、仕入れる商品も、SNSも非常に楽しですよ!

そんな浅野店長のブログをぜひご覧ください!
黒縁メガネで大仏ホクロの浅野笑店のブログ
http://ameblo.jp/12151223124540/

あ、ちなみに浅野雄司店長は
「ゆうじ」ではなく「かつし」と読むそうです。
・・・読めるかーーー!!!(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − four =

ページの上部へ