顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージの正面は一つじゃない!ダブルフェイス、トリプルフェイスという考え方のパッケージマーケティング】
2016年09月12日

【パッケージの正面は一つじゃない!ダブルフェイス、トリプルフェイスという考え方のパッケージマーケティング】

おはようございます。
世界初、徳島発、パッケージマーケッターの松浦陽司です。

先日の徳島物産館さんに訪問させていただいた時のネタがもう一つありました!
それは「ダブルフェイス・パッケージ」という考え方です。
他社事例ですが、紹介させていただきますねー。

それがこちら!

IMG_1678

一体、何が変わっているかというと、
「ケースの正面が2つある」んですよ。

ケースとしては一つなんですが、
側面の片方をまるで正面のようなデザインにすると、こうなります。
つまり、売り場で正面、表のような側面、正面、表のような側面、と並べることで、
展示効果が抜群に高まるというもの!

こちらの商品も1種類の商品が並んでいるだけなのですが、
2種類の商品が並んでいるようにも見えますよねー!
展示効果が高いです。

さらに、面白い進化をさせようと思ったらこんな方法があります!
「ダブルフェイス」を超える「トリプルフェイス」です!

11182087_10152718046756338_337317580533635334_n

20110424_1434011

keiji2
花の慶次 日本酒パッケージ
はい!
もうお分かりのとおり、左側面、正面、右側面のパッケージの絵をつなげることができるようになってます。

パッケージは一つなんですが、こうやって3つ揃えて完成するようなデザインにすると、
「うーん、一つでいいんだけど、三つとも買おうかな?」ということも起こりますよ♪

o0640048012719515848

ダウンロード

東京駅のお弁当などもこんな風にしてたりしますねー!

ダブルフェイスパッケージで展示効果を高める!
トリプルフェイスパッケージでお客さんに「もう一個」を生む!
そんなパッケージマーケティングでした!

IMG_1661
徳島県物産館の尾崎社長、ありがとうございます。

 

徳島県物産館(とくとくターミナル内)
http://www.bussankan.jp/
徳島県板野郡松茂町中喜来前原東四番越14−1
088-699-8005

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + 9 =

ページの上部へ