顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【富山の笑農和さんから「こことここ」お米×お水を頂きました】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>
2017年03月9日

【富山の笑農和さんから「こことここ」お米×お水を頂きました】<パッケージデザイン・制作のパッケージ松浦(四国徳島)>

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

今朝、会社に来るとびっくりしました!
予期せぬ届きものがあったからです。


それは私のセミナーを富山で聞いてくれた株式会社 笑農和の豊岡さんからの贈り物で、
「こことここ」という商品です。


外装パッケージからしてシックです!
黒箱にクラフトの掛紙、更にその上に透け感のあるトレーシングペーパーの掛紙を施しています。
これは手間が掛かっている!


そして、開封すると!
中からはお米とお水のセットが出てきました!


「こことここ」の名前の由来はお米もお水も富山県の北アルプス地方で採れたもの!
ここのお水・・・北アルプスのお水
ここのお米・・・北アルプスのお米
「ここ」と「ここ」の掛け合わせだそうです。


中身お米パッケージには米粒を
お水のパッケージには雫をイメージさせるイラストを極くシンプルに入れてます。
これは上品ですね!

使っている色は白、黒、茶だけでパッケージを仕上げて、
ブランド感の統一を図っていますね。
2016年 LOFTごはんフェス審査員賞を受賞した商品だそうです。

ありがとうございます。
美味しく頂かせて頂きます!
笑農和の豊岡さん、ありがとうございます!!!

株式会社 笑農和
http://enowa.jp/

こことここ
http://www.kokotokoko.com/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 5 =

ページの上部へ