顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージは即ちディスプレイ!マルブンさんが行っているパスタソースのパッケージ活用術】
2017年11月18日

【パッケージは即ちディスプレイ!マルブンさんが行っているパスタソースのパッケージ活用術】

マルブンさんにお邪魔させて頂いた時に、眞鍋明社長に「パスタソース開発秘話」をインタビューさせていただきました!
ありがとうございます。
その話は、近日公開予定です。

今日のブログは「パッケージがお店のディスプレイにもなる」ってこと。
例えば、マルブンさんのような飲食店!

こんな風に店舗の一角に、もちろん販売を兼ねて、パッケージをディスプレイしておく。
すると、お店も華やかになる。
お客さんも「あ、パスタソースを販売するくらい素晴らしいお店なのね」って気づくこともできる。


もちろん、店員さんも誇りをお店に誇りをもてますよねーーー。


これはケーキケースの箱のデザインダミー。
今月末くらいには完成品がマルブンさんに届く予定です。

おそらく、この赤いケーキケースを何個かディスプレイしてくれると思うんですよね。
すると、どうなるか?
パッケージがまたディスプレイになってお店が華やぐのはもちろん!
お客さんが「あ、ここではケーキを持ち帰ることができるのね」って気づくきっかけにもなる。
結果、、、買って帰るお客さんが生まれる訳です。

よく「うちもお持ち帰りしてるんだけどねー、気づいてくれないんだよ」って飲食店があります。
そういうところは、メニューの後ろの方にちょっと書いてあるだけだったりします。
・・・もったいない!
マルブンさんのようにパッケージをディスプレイにすると、お店も華やかになるし、お客さんにも伝えることができるんですよね!

お店が華やかになって、店員さんが楽しい。
お客さんが商品に築けて、また楽しい!
楽しいの連鎖が広がりますね!

ケーキケースを納品したら、またマルブンさんに行かなくっちゃ!
めちゃめちゃ楽しみです!
・・・あ、パッケージ屋さんも楽しみのようです(笑)

あなたのお店にパッケージがあるなら、ぜひぜひディスプレイにも使ってみてくださいねっ!
マルブンさん、ありがとうございます。

マルブン
http://www.marubun8.com/

<追記>
ある日、マルブン南高井店に行った時のお話。
ボクが座るとそこにはこんなものがっ!

なんじゃー、これは?!
パケマツクエストだってーーー(笑)


絵の得意な鈴木店長が特別に書いてくれました!
「ちょっと前に、パッケージ松浦はドラクエのようだって、Facebookに書かれてましたよね」だって。
なんでボクのこと、そこまでチェックしてくれているのーー?!
ありがとうございます。


ちなみに、桑原さんが魔法使い、太田さんが戦士、ボクが、、、光栄にも勇者!
うれしいなー。

太田さんが「ペンの剣」と「消しゴムの盾」を持っているのは、太田さんが文字が綺麗だから。
そこまで知っているとは。さすがっす!

・・・ん?
だれも回復系がいないなーーー。
ダンジョンとかに深入りして、戻れなくなっちゃパーティーだ!

どなたか僧侶的な存在の方、パケマツではお待ちしてますよーーー(笑)
マルブン鈴木店長、ありがとうございました!!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 4 =

ページの上部へ