顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【「デザインとは?」「デザイナーとは?」】~そんな疑問にずばり回答編~
2018年07月11日

【「デザインとは?」「デザイナーとは?」】~そんな疑問にずばり回答編~

デザイン力ってなんだろう?
綺麗なイラストが書けること?
目を引くレイアウトを考えること?
それとも他の何か?

あ、おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

これは2018年6月29日(金)開催の「光ブランド創出セミナー」で
ボクとコラボ講演をした
株式会社ヨシイ・デザインワークス 吉井純起(よしい すみき)の講演で聞いた話です。
テーマは「デザインの力」


吉井さんが冒頭に語ったのは
「デザインに最も大切なのは何か?」ってこと。
吉井さんは「それは理解力と判断力」だと語ります。

顧客のことを徹底的に理解する。
消費者になりきって、心を汲み取る。
その上で、これは目立たせる、逆にこれはそぎ取る。
これには判断力がいる。
だから「デザインに必要なものは理解力と判断力」と説きます。

なるほどねー。
ボクが共感するのは「消費者になりきる」ってところ。
そして「消費者目線からクライアントにアドバイス」をするってところ。
吉井さんは「社会に立って考える」という表現をされていました。
そこを立ち位置にしないと、結局は売れる商品ができない!

時々は「言った通りにしろよ」というクライアントもいますが
そんなクライアントに「消費者の立ち位置に立つと違う」と厳しいことも言うそうです。
それはもう、クライアントに売上を上げて欲しい一心だからです。

「社会に立って考えるのが大切」
「芸術家とはデザイナーは全く違う」
そのように説かれました。

ホクにとっても非常に実りある講演を聞かせて頂きました!
吉井さん、ありがとうございます!!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nineteen − 7 =

ページの上部へ