顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【レジ袋のリニューアルでプレスリリース】~環境問題に取り組んで企業イメージアップ~
2019年04月1日

【レジ袋のリニューアルでプレスリリース】~環境問題に取り組んで企業イメージアップ~

企業として環境問題に取り組むことはとっても大切。

そして、その取り組みを紹介することで
「ああ、この会社は環境問題に取り組んでいるのか」
と、メディアに取り上げてもらったりすることもある。

「社会的責任を果たしている素晴らしい企業だ」
と、企業イメージが上がることがありますね。

おはようございます。
パッケージマーケッターの松浦陽司です。

「プラは悪」
そんな風にとっても、プラスティックパッケージが嫌われています。

その代表格は「レジ袋」です。
このレジ袋を使って、冒頭に書いたような
「企業イメージの向上」や
「メディア露出」につなげることを考えてみませんか?

はい!
では何故、レジ袋が「やっかいだ」と言われているのでしょう?
理由が大きく2つ!
1 石油製品だから環境に悪い
2 土にも水にも還らないから環境に悪い

確かにそうですね。
じゃあ、日本はどうやって対応していっているんでしょう?

聞きなれない言葉かも知れませんが、
「バイオマスレジ袋」というのがあります。

この、バイオマスって何だ?
これは、植物由来の素材から、レジ袋を作っちゃうこと。
現在では、とうもろこし、お芋、サトウキビなどから作れる技術があるんですよね。

しかも、普通のレジ袋のCO2(二酸化炭素)を、
焼却時に一方的に排出します。

ところが、バイオマスレジ袋は、もともと植物!
生育時にCO2を吸って酸素を生成するので、
焼却時にCO2を出してもチャラになります。
※この考え方は「カーボンニュートラル」といいます

「えーーー、それはすごい!でも、高いんじゃないの??」

はい、高いです(笑)

実際にはこのバイオマスを、普通のポリエチレンとブレンドして製造することが多いです。
バイオマス10%以上配合すると
「バイオマスレジ袋」として表記することができます。
そして、価格はノーマルレジ袋より10%くらい高くなります。
(あくまで、目安として)

バイオマスを20%配合すると、20%。
30%配合すると、30%高くなります。
バイオマス100%なら、約2倍の単価ですね。

大手企業などは、だいたい30%配合が多いです。
まずは、レジ袋に表記可能な10%から始めるのもいいかも知れません。

「当社のレジ袋をバイオマスに変えました」とプレスリリースするといいと思います。
新聞に載ったら、企業イメージアップにつながります。
10%のレジ袋代アップは、広告宣伝費として投資するコストとして考えるといいですね♪

<追記>
生分解性レジ袋のことも書こうと思ったのですが、ちょっと長くなっちゃったので、後日書きますね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × three =

ページの上部へ