顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > ダジャレを馬鹿にしてはいけない、お客さんのインパクトに残るのです
2011年10月16日

ダジャレを馬鹿にしてはいけない、お客さんのインパクトに残るのです

「ダジャレはオヤジギャグでしょ」という貴方へ

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日は6日ぶりにお酒を飲みました!
美味しかったです。

☆☆☆

ネーミングを侮ってはいけない
プロコンセプト 岡野勝志氏

今回のネタ元は岡野勝志先生です。
いつも有り難うございます。

☆☆☆

世の中にはいろいろなダジャレ商品があります。
詳しくはこちら
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11008281179.html

小林製薬さんは本当にダジャレが多いですね(笑)
この「熱さまシート」もダジャレ。

パッケージ松浦 のブログ

でも、類似商品っていろいろありますよね。
例えば「冷えピタ」。

他にもいろいろあります。

ここでブランドの認知率を見てみましょう。

1位 熱さまシート(小林製薬)95%
2位 冷えピタ(ライオン)87%
3位 アイスノンシート(白元)69%
4位 デコデコクール(久光)34%
5位 お熱とろ~ね(池田模範堂)19%

やっぱり、熱さまシートが1位なんです!
これはやはりネーミングの力です。
そして、パッケージで表現するのが大切ですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 12 =

ページの上部へ