顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 「四代目と喧嘩しても作りたかった五代目の米粉カステラ」
2011年11月25日

「四代目と喧嘩しても作りたかった五代目の米粉カステラ」

「結果が全て!プロセスは見せなくていい!」と思っている貴方へ。
お客さんはその商品開発のプロセスを知りたかったりしますよ。

おはようございます。松浦 陽司です。
昨日はパッケージ松浦ボジョレーパーティーでした!
盛り上がりました。

☆☆☆

伝わりやすいネーミングで売上が変わる
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11064156041.html

☆☆☆

「○○産の卵と××産のコシヒカリにこだわったカステラ」
こういったネーミングのカステラがあったら如何でしょう?

悪くはないと思います。
でも、スペックが中心です。
本当にどんなこだわりがあったか、お客さんに伝わりにくいかも知れません。

ところが、こんな商品名だったらどうでしょう??

「四代目と喧嘩しても作りたかった五代目の米粉カステラ」
竹内菓子舗(福井県)
http://www4.plala.or.jp/takeuchikashiho/

すごく、ストーリーを感じるネーミング!
シンプルで伝わりやすいパッケージだと思いませんか!

思わず
「一体、何について喧嘩したんだろう?」と惹きつけられますね。
「材料のことで喧嘩したの?」
「製法のことで喧嘩したの?」
興味が尽きないところです。

 

個包装のパッケージもあります。

こういったストーリーを感じるネーミング。
そしてパッケージできっちりとお客さんの心を掴む!
パッケージマーケティングが大切です。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + fifteen =

ページの上部へ