顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【顧客の心をパッケージで掴む4つの方法】~さとの雪さんのパッケージに学ぶ~
2019年08月5日

【顧客の心をパッケージで掴む4つの方法】~さとの雪さんのパッケージに学ぶ~

<美味しさ以外の価値を見つける>

先日、徳島新聞で大々的に取り上げられていた「さとの雪」さん
他社と違う価値を生み出す記事も書いたのですが、
他にも素晴らしいところがあるので、紹介させて頂きます。

 

<顧客の心をパッケージでつかむ4つの方法>

1)パッケージの見た目で心を掴め
2)パッケージの機能性で心を掴め
3)パッケージのネーミングで心を掴め
4)パッケージの保存性で心を掴め

・・・ということで順番に解説します。

1)パッケージの見た目で心を掴め

さとの雪さんの「美味しいとうふ」シリーズ!
見た目が違う!
和紙風にしているんです。

こんな豆腐は他にないですよね。
めちゃ、高級感を感じます。

2)パッケージの機能性で心を掴め

さとの雪さんがいち早く取り組んで来たのが
「パッケージの小分け化」です。


2パックにしたり。


4パックにしたり。

今ではやってるところも多いですが、取り組みが早かったですね。

3)パッケージのネーミングで心を掴め

例えば、健康面を伝えたいとき、どんなネーミングにします?

「食後の血糖値や中性脂肪が気になる方の絹とうふ」
・・・って分かりやすい!
確かに伝わる!

ネーミングは長くていいんです。
伝わりやすいから!

ちなみに「治る」とは書いてはいけません。
あくまで「気になる方の」豆腐なんです♪

4)パッケージの保存性で心を掴め


「四季豆腐」
この商品って、180日間も長期保存できるんです。

パッケージが光や酸素を通さない特殊紙容器!
それと、さとの雪さん独自の殺菌法によって成り立っているんですね。

<パッケージで美味しさ以外の価値を伝える>

それぞれ、豆腐本来の「美味しい」以外の価値をしっかりとパッケージでつたえてます。

美味しい豆腐→高級感
小分けパック→お手軽
血糖値豆腐→健康
四季豆腐→長期保存

こうやって、商品に違う価値を生み出していくって、
すばらしいですよね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × five =

ページの上部へ