顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【毎日、貴方は何号のお米を炊きますか??5合炊く人は珍しいでしょうね】
2012年01月23日

【毎日、貴方は何号のお米を炊きますか??5合炊く人は珍しいでしょうね】

【毎日、貴方は何号のお米を炊きますか??5合炊く人は珍しいでしょうね】

「お客さんは大入りパック、お得パックが大好き!」と思っている貴方へ。
価格より、使いやすさや、食べきり、使い切りなどを求める人も増えていますよ。

おはようございます。松浦 陽司です。
本日は大阪営業です。

☆☆☆

単身生活者(一人暮らし)や核家族が増えている、需要も変わる
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11134377285.html

☆☆☆

今日のネタは経営研究会で一緒に学ぶ
香川の「くりや」徳永真悟社長から情報を頂きました!
有り難うございます。

美味しいお米は「くりや」
http://www.kuriya.jp/

徳永さんの記事抜粋です。

☆☆☆

1月20日包装の「たけしのニッポンのミカタ!」
テーマは「小さいことはいいことだ」

たけし流小さいサイズにする場合は世の中に求められているサイズにすべきという最後の〆の言葉がありましたが、正にその通りの商品ではないでしょうか?

☆☆☆

・・・ということで、アイフォン2台分くらいの大きさのお米を商品開発!

いい商品は最後まで美味しい状態で食べて欲しいとのことで、
2合使い切りパックで間もなくデビューだそうです。
現在の家庭で1度に炊飯する量が「2合」ということで開発されました。

時代の変化を捉えたパッケージマーケティングで新商品開発はいかがでしょう?

徳永真悟さん、情報を有り難うございました。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × four =

ページの上部へ