顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【2009年日本パッケージデザイン大賞金賞の「とろっ豆」が進化する!】
2012年02月18日

【2009年日本パッケージデザイン大賞金賞の「とろっ豆」が進化する!】

【2009年日本パッケージデザイン大賞金賞の「とろっ豆」が進化する!】

「現状維持がベスト」と思っている貴方へ。
世間は不況、下り坂。
下りのエスカレーターに乗っているようなものです。

おはようございます。松浦 陽司です。
妻が私のために新しい「とろっ豆」を買ってきてくれました。
嬉しいですねぇ。

 

☆☆☆

2009 日本パッケージデザイン大賞 金賞受賞
とろっ豆
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11084737567.html

☆☆☆

こちらの商品は、たれがジェル状になってましたよね。
納豆には定番の「たれが別袋」という常識を覆した素晴らしい挑戦でした。

ところが最近、また進化しました。
「パキッ!とたれ とろっ豆」です!

 
たれを蓋に内蔵させるようなパッケージ!


2つ折りにすると、たれをかけることができます。
 
手も汚さず、便利にたれをかけることができますね。

そして、やっぱり継続している8種類のパッケージデザイン!

 

店頭で観てるだけでも、楽しくなってきますね。

中身が変わったら、パッケージもきっちりと変えて、お客さんに伝えないといけません。

キャラクターが「パキッ」っとしているところがよく分かります。
すばらしいパッケージマーケティングかと思います。

 
私が勝手にコンサルさせて頂くなら、たれ部分のフィルム!
絶対に商品名は書くべきですね。
せっかく、別注印刷しているのに「とろっ豆」だと分からない!

前々から思っていましたが、納豆パックは無地です。
食卓に出されても、奥様以外は何の商品か分かりません。

すると、「美味しいなこの納豆」で終わってしまいます。
お父さんがお母さんに「納豆買ってきて」とスーパーに行っても、選ばれる可能性がぐっと減ります。

ところが、きちんとパックフィルムに「とろっ豆」と書いてあると
同じシチュエーションで、「あ、この間うまかった、とろっ豆だ」となります。

パッケージはモノ言わぬセールスマンです。
せっかく別注印刷する商品ですから、しっかりと商品名を伝えましょう。

それにしても、パッケージデザイン大賞をとっても、さらに進化を続ける「とろっ豆」をすごいなと尊敬する松浦 陽司でした。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − 14 =

ページの上部へ