顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【世界初のレトルトカレー「ボンカレー」 沖縄では現在も松山容子さんパッケージ】
2012年03月11日

【世界初のレトルトカレー「ボンカレー」 沖縄では現在も松山容子さんパッケージ】

【世界初のレトルトカレー「ボンカレー」 沖縄では現在も松山容子さんパッケージ】
 

おはようございます。
クラシックなパッケージもお客さんの買う理由になると思っている松浦 陽司です。

☆☆☆

ボンカレー沖縄のフェイスブックページ
http://www.facebook.com/pages/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E6%B2%96%E7%B8%84/327225657311836

 よかったら、「いいね!」をクリックしてください。

☆☆☆

1968年
世界で初めてのレトルトカレー「ボンカレー」が発売されました。

1969年
全国発売に向けて、松山容子さんのパッケージが採用されました。

 

ボンカレーと言えば、全国的にはこのパッケージで販売してます。

 

いつのころからか、松山容子さんがいなくなりなした。

でも、まだこの松山容子さんのパッケージで売られているボンカレーは手に入るのです!

れが沖縄!
沖縄では、この松山容子さんパッケージを切り替えると、なぜか売れない。
だから、今だに松山容子さんパッケージなんだそうです。

これって地域性ですよね。
不思議ですが、こういったことがあるんですね。

さて、勝手にコンサルコーナーです。

パッケージリニューアルのことを考えている方がいらっしゃったら、
新しくすることばかり考えずに、一度、クラシックなデザインにすることも検討されては如何でしょうか?

歴史のある商品ほど、価値がありますよね。

 

そして、実は沖縄のFB知人の千竃(ちかま)順二さんから
実際に、この沖縄ボンカレーを販売強化できないか問い合わせがありました。

私が提案したのがこちら。

●沖縄限定をパッケージで強く打ち出す

せっかく、沖縄限定なのに、沖縄島内の人の認知度が結構低いのだとか。
せっかくの「沖縄限定」なので、ちゃんと訴えると、

島内の人→「ああ、沖縄限定だ」と分かる
観光客の人→「え?ここでしか手に入らないの?お土産に!」

面白いと思うんですけどねぇ~。
もし、採用されれば楽しみです。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fifteen − 9 =

ページの上部へ