顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージで商品のコンセプトを表現する ~かな泉 讃岐うどん さぬきの夢2000~】
2012年03月13日

【パッケージで商品のコンセプトを表現する ~かな泉 讃岐うどん さぬきの夢2000~】

【パッケージで商品のコンセプトを表現する ~かな泉 讃岐うどん さぬきの夢2000~】

おはようございます。
パッケージはコンセプトから生まれると思っている松浦 陽司です。

☆☆☆

パッケージ企画の三要素
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11018766140.html
※ぜひ、この記事も読んでください。

☆☆☆

今日、紹介させて頂く「さぬきの夢2000」は、
見て頂いた通り「紙管」です。

見た目で差別化を図っていることはもちろんなんですが、
もっと深い意味があります。

 
よくご覧いただけると、縦方向に波線が入っております。

☆☆☆

クリエイター 黒柳潤さんは語ります。

円筒状の外箱そのものが
打立ての讃岐うどんの独特のつやとこしをモチーフとしており、
縦に流れるゆるやかな曲線と光が織り成す陰影は、
穏やかな瀬戸内の海を連想させます。

☆☆☆

そうなんです。
中身の商品自体のコンセプトが、しっかりとパッケージで表現されているのです。

昨日も「あめやえいたろう スイートリップ」の記事で書かせて頂きました。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11190139445.html

商品コンセプトがしっかりしていないと、なかなかパッケージ企画が成り立ちません。

今日は「勝手にコンサルコーナー」ではなく、パッケージ開発のお願いです。

なんか流行っていたから。
なんだか美味いものができたから。

そうやって商品開発されることもあります。
でも、「美味しいですよ~」では売れないんです。
やっぱり、もう一歩、踏み込むことが重要です。

この商品の開発コンセプトはこれだ!
どんな思いで創ったんだ!
開発にはこのような秘話があるんです!

こういったことをしっかりと文字にしてみましょう。
文字にすることで整理されます。

すると、パッケージ開発や販売促進にも使えます。
自社の商品一つ一つ、「なんでこの商品が生まれたのか?」
考えてみると、違うシナリオが生まれるかもしれません。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + twelve =

ページの上部へ