顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【バレンタイン、ホワイトディに、お米のプレゼントは如何? ~菊太屋米穀店さん~】
2012年03月15日

【バレンタイン、ホワイトディに、お米のプレゼントは如何? ~菊太屋米穀店さん~】

【バレンタイン、ホワイトディに、お米のプレゼントは如何? ~菊太屋米穀店さん~】

 

おはようございます。松浦 陽司です。

お米をには、お米以外の価値もある。
商品そのものには、商品そのもの以外の価値がある。
それをパッケージで訴えるとあがっていきます。

☆☆☆

森永さんの逆バレンタインは、チョコを売っていない。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11165338512.html

☆☆☆

普段、お米はバレンタイン、ホワイトディには無用のものです。
でも、どうでしょう?
こんなパッケージでお米が売られていたら、グラッときませんか?


「ワタシハアナタニヒトメボレ」

もともとある「ひとめぼれ」のネーミングを上手く活かした
かわいいパッケージです。
もちろん、通常のポリ袋のパッケージでなく、紙袋で高級感も出してます。

想いがこもって、洒落も聞いてて、
「こんなお米なら、あの人に・・・」って思いますよね。
価値はお米より、「あの人に想いを伝えたい」になってます。


お返しにもちろん、ホワイトディ用もありますよ!

 
「ボクモアナタニヒトメボレ」

ひょっとしたら、
「お米だと実用的でチョコよりいいね!」という方もいらっしゃるでしょうね。

商品のパッケージやネーミングで、あなたの会社の商品を見直してみませんか?

ここで勝手にコンサルコーナー!

はっきりいうと、今日の事例はダジャレです(笑)
それで、イベントを仕掛けている訳です。

みなさんの会社でも、こういったダジャレでイベントを仕掛けることはできないでしょうか??

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 18 =

ページの上部へ