顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【伊丹米ブランドの米袋は佐藤可士和さんがデザインでパッケージデザイン大賞2010】
2012年04月21日

【伊丹米ブランドの米袋は佐藤可士和さんがデザインでパッケージデザイン大賞2010】

【伊丹米ブランドの米袋は佐藤可士和さんがデザインでパッケージデザイン大賞2010】

おはようございます。松浦 陽司です。
優れたパッケージには、デザイン、メッセージ、利便性、エコ、ファッション性などいろいろな要素が含まれています。

伊丹米ブランドの米袋

こちらは超有名な佐藤可士和さんのデザイン。
見るだけでカッコイイですね!

 

それぞれの米の品種に合わせてバリエーションがあります。
どれも「伊丹米」ブランドを強く感じさせるデザインです。
お客さんに訴える力がありますね!

 

実はこの商品にはパッと見たデザインだけでは分からない要素がたくさん含まれています。

 

まずはエコ。
持ち運びの際、レジ袋削減に貢献すべく、
袋自体に持ち手がついてます。

画像で分かるかな?

次に利便性。
開閉容易なチャックもとりつけてます。
この袋だけで米櫃などに移さなくても、保存できるようにしました。

 

さらに、私見ではございますが、
これだけデザイン性が高いと、ファッション性もありますね。

 

持って歩くだけで楽しいかも。
(重たいかな?)


エコ、利便性、メッセージ、ファッション性、
全てに優れたパッケージマーケティングです。

 

さすが、パッケージデザイン大賞をとるだけあります。

 

さて、ここで中小企業に置き換えるパッケージマーケティングの勝手にコンサルコーナー!

まずは一つずつでも取り組むことが大事です。

最初に費用面です。

佐藤可士和さんにデザインを頼むことは大変です!
費用も時間もどうなることやら?!

ただ、私にパッケージマーケティング企画を頼むとそんなことないですよ。
安くしておきます(笑)

次に、便利性。

チャック付や、手提げ袋への変更は案外簡単にできます。
こちらは商品によって、お客様のために検討されてはいかがでしょう?

一度に全部は無理です。
一つずつ、一つずつですね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 3 =

ページの上部へ