顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【ダジャレネーミングや分かりやすいパッケージででお客さんの心を掴む!「私はおたんこ茄子」】
2012年04月26日

【ダジャレネーミングや分かりやすいパッケージででお客さんの心を掴む!「私はおたんこ茄子」】

【ダジャレネーミングや分かりやすいパッケージででお客さんの心を掴む!「私はおたんこ茄子」】

おはようございます。松浦 陽司です。
ネーミングやパッケージでお客さんに大きなインパクトを与えることは大事ですね。


「私はおたんこ茄子」
・・・これって一体、なんだと思います?

ネーミングと言い、このパッケージの形、
かなりインパクトがありますね(笑)

 
実はこれ、茄子の栽培セットなんです!

こんな風に実がなります。
パッケージがそのまま鉢として使われます。

この商品がもし、「茄子の栽培セット」だったらどうでしょう?
きっと、インパクトもないし、あまり売れないでしょうね。

 

「私はおたんこ茄子」
だから、目にも、心にも止まります。
思わず、買って育てたくなりますね!

実はシリーズ品もあります。

 
「私は完熟ウレ×2トマト」

 
これも育ててみたいですね(笑)

 
「頭はカラッポピーマン」

 
こちらも勢いで買っちゃいそうです。

さて、ここで中小企業に置き換える勝手にコンサルコーナー!

ネーミングにダジャレを入れることは
お客さんの心と耳に残りやすいんです。

ダジャレって馬鹿にされますけど、
CMを見ていたらたくさんあるでしょう?


チャン・グン息なんてインパクトあるでしょう(笑)

その他、たくさんのダジャレ商品
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11008281179.html

自社の商品のダジャレPRを考えてみませんか(笑)?


今日の記事は箱田一貴さんに教えて頂きました!
有り難うございます。
http://ameblo.jp/kachigumi-f/entry-11231030482.html

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 6 =

ページの上部へ