顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【カルビーの「かっぱえびせん」 ようこそ!かっぱえび家! かっぱパパとえびママの子供ちゃん?】
2012年05月12日

【カルビーの「かっぱえびせん」 ようこそ!かっぱえび家! かっぱパパとえびママの子供ちゃん?】

【カルビーの「かっぱえびせん」 ようこそ!かっぱえび家! かっぱパパとえびママの子供ちゃん?】

こんにちは。松浦 陽司です。
パッケージで口コミを作っていくって大事ですね~。

 
カルビー かっぱえびせん

パッケージ松浦 のブログ
以前に「たま~に、恵比寿さんがいる」話はしたことがあります。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10982265343.html

実は現在、かっぱえびせんは進化しているんです!

 
左右の「かっぱえびせん」の違い、分かります?


アップにするとこれ!

 
そうです!
「かっぱえびくん」がいます!


「かっぱパパ」と「えびママ」の間に生まれた「かっぱえびくん」なんです(笑)


ただし、注意が必要です。
必ずいる訳ではありません。
何袋もあるなかで、たまに「かっぱえびくん」が居る袋があるんです!

「かっぱえびせん」だから「かっぱパパ」と「えびママ」の「かっぱえびくん」。
たんなるダジャレですね(笑)

でもここからストーリーを生み出して、そしてパッケージでそのことを告知していく。
口コミを生んでいく!
遊び心があって、楽しいパッケージマーケティングです。

さて、ここで中小企業に置き換える勝手にパッケージマーケティングコンサルコーナー!

こうやって「たまに違うパッケージがある」というのは
「そのためだけにパッケージをつくる」ということ。
予算もかかるし、在庫も大変。

だったら、中に入れる「しおり」などで工夫をされてみては??

日乃出本店の壱億円札、壱千万円札、百万円札、十万円札
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11017536137.html

パッケージ松浦 のブログ

ぶどう饅頭3本入りに入ってます。
4種類あって、開ける楽しみがあります!

徳島の皆さま、ぶどう饅頭3本入りを買った時はどうぞ、こちらのお札にご注意ください!

ちなみに壱億円札を3枚集めるといいことがあるんです。
集めてみましょうね♪

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =

ページの上部へ