顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【パッケージが美味しさを左右する?「感覚転移」による視覚効果でキリン氷結は「冷たくた美味しい」】
2012年05月31日

【パッケージが美味しさを左右する?「感覚転移」による視覚効果でキリン氷結は「冷たくた美味しい」】

 
【パッケージが美味しさを左右する?「感覚転移」による視覚効果でキリン氷結は「冷たくた美味しい」】

おはようございます。松浦 陽司です。

私はビールの味は分かりません。
そして、ワインの味も分かりません(笑)
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-10959148915.html


昨日の記事の西泰宏さんのコメントによる気づきです。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11264243889.html

 

Klein Constanitiaのはちみつ
この記事を見て、西泰宏社長はこんなメッセージをくれました。

「これはいい!ユニークだけでなく、おいしそうな気がします」

・・・まさに!
その通りなんです!

日本人は特に「五感」で感じます。
例え美味しい料理でも、「見た目」が悪かったら不味いと感じるんです。
逆に言うと、「見た目」が良ければ、まずいものでも「うまい」と感じます。

 

この感覚は「感覚転移」と呼ばれます。
平たく言うと、「パッケージで美味しそうと感じたり、そうでなかったりする」ということです。

ビールの銘柄にこだわる人は多いですね。
でも、ブラインドテストで当てれる人は殆どいないそうです。

つまり、競合商品以上に、情緒的に「美味しさ」を感じさせることが重要です。
「味」で勝てなくても、総合評価で勝てます。

結論が遅くなりました。

 

ロングセラーのキリン「氷結」

格子の凸凹で、「冷たい、美味しい」という情緒的価値を刺激します。
さらに、持ちやすい。
あるいは、廃棄の際に潰しやすい。
こういった価値も生みだします。

「味が大事なんだよ」と思っている貴方!
お客さんは総合的な価値、パッケージも含めた価値をみているということを認識しないといけません。

 

さて、中小企業に置き換える勝手にパッケージマーケティングコンサルコーナーです。

もし、パッケージに関する企画費用、デザイン費用が0円だとしたら。
これは致命傷です。


パッケージはモノ言わぬセールスマンです。
http://ameblo.jp/p-matsuura/entry-11149383688.html

販売促進費なので、売上アップのために使うべきですね。
もし、0円でしたら、松浦 陽司までお問い合わせくださいね。
お安くしておきます(笑)

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 1 =

ページの上部へ