顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【チラシ・広告的パッケージの小林製薬ガスピタンと、ブランド的パッケージの大塚製薬カロリーメイト】
2012年06月1日

【チラシ・広告的パッケージの小林製薬ガスピタンと、ブランド的パッケージの大塚製薬カロリーメイト】

【チラシ・広告的パッケージの小林製薬ガスピタンと、ブランド的パッケージの大塚製薬カロリーメイト】

こんにちは。松浦 陽司です。
パッケージのチラシ・広告的要素と、ブランド的な要素を考えてみます。

基本的には、パッケージは店頭でお客さんと出会い、
手に取ってもらわないと話になりません。

出会いは0.5秒という説もあるくらいです。
その短い時間で、「この商品はこんな価値があるんですよ~」と伝えないといけません。
パッケージに、チラシ・広告的要素が必要です。


 

小林製薬さんの「ガスピタン」
これはチラシ・広告的にばっちりですね!

「おなかのハリに」聞くというのが一目稜線!

さらに
「水なしで飲めるヨーグルト味」
「ガスだまり 膨満感に効く」というのが一目瞭然!

商品の価値がそのままパッケージで伝わります!

中小企業はこちらでチャレンジしないといけない場合が多いですね。

これと逆に、ブランド的なパッケージ展開をする方法もあります。


大塚製薬さんの「カロリーメイト」

本来ならパッと見て、何の商品だか分かりません。
でも、私たちはどんな時に食べればいいか知っています。


忙しい時の朝食に。
小腹が空いた時。
栄養補給。

なぜ、知っているのでしょう?
それはCMを中心とした大量の広告投下があるからです。

中小には真似ができませんね。
大手はブランド育成に本来かかるであろう時間を、大量の資本で買っている訳ですね。

でも、中小でもこう言ったブランド的パッケージでもOKな場合もあります。
「地元で名が通っている」とか
「歴史があってブランド力がある」とか、
そのような場合です。

さて、ここで中小企業に置き換える勝手にパッケージマーケティングコンサルコーナーです。

広告も全くしない、ネームバリューもブランド力もない。
そんな場合は広告・チラシ的要素がないといけないでしょう。

自社店頭販売しかしないのであれば、十分にPOPでフォローできます。
だから大丈夫です。

自社の商品のポジショニングをチェックしてみてくださいね。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =

ページの上部へ