顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【青果物の新鮮さをそのまま伝えるパッケージ チロルチョコ「いちごがいっぱい」】
2012年07月9日

【青果物の新鮮さをそのまま伝えるパッケージ チロルチョコ「いちごがいっぱい」】

【青果物の新鮮さをそのまま伝えるパッケージ チロルチョコ「いちごがいっぱい」】

おはようございます。松浦 陽司です。
妻の実家はイチゴ農家です。

こちらの商品をご存知でしょうか?

 
チロル 「いちごがいっぱい」

個包装は「あまおう」や「白いちご」などのパッケージです。

それを6個セットで販売します。
単に袋に入れるのではなく、透明トレーにOPシートでの包装にしてます。

これは本当のイチゴパックそのままの包装です!
「新鮮さ」も伝わります。
また、「遊び心」も伝わるパッケージですね!

さらにさらに、

 
6パックを売るときは、これまた青果物のイチゴそのままのダンボールケース!
青果物市場の臨場感まで伝わってきそうな気がしますね(笑)!

原材料となっている青果物のパッケージ、
それをそのまま加工品(お菓子など)のパッケージとして使う手段も面白いですね!

本日のネタは、ペーパーワールドの坂野さんから拝借させて頂きました!
坂野さん、有り難うございます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 15 =

ページの上部へ